ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーアーアーアアアーアアー♪ アアアーアアアーアアー♪

3月2日からエピソード6の上映がスタートする『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』
エピソード1で主人公バナージが、ガンダムのコクピットでつぶやいたセリフ
「私のたった一つの望み、可能性の獣、希望の象徴...」というセリフを覚えているでしょうか?

その元ネタとなっている芸術作品「貴婦人と一角獣」の実物が
東京・国立新美術館と大阪・国立国際美術館で展示されることになりました。




(記事全文と、貴婦人と一角獣の画像はリンク先からどうぞ)
http://news.ameba.jp/20130220-451/


ユニコーンと言うと、角に宿る癒しの力と「処女にしか心を開かない」という話で有名ですが
当初は「処女以外の人間はその角で突き殺す」という害獣、怪物だったそうです。

そんな起床とは裏腹の美しい姿から様々なモチーフなどに使われるようになり
そしてだんだんとそういう「陰」の部分が薄れていったんでしょうね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otasin.blog.fc2.com/tb.php/33-76391ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。