ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火鉢「きょうは、なにもないすばらしい一日だった」


ゲームの名前が思い出せずに「あれだよ、終わらない夏休み?」とか言っちゃった事もありました
そんな過去を乗り越えてムシブギョーの第五話です

前回、無涯のパートナーに任命されて意気軒昂状態の仁兵衛が
その仕事のゲンバとなる水野亭で大量のノミの蟲「大人蚤」と呼ばれる蟲を退治する事になった
ついて挨拶を終えるが早いか、即現れたその蟲は堅いわ速いわ血を吸うわと3拍子揃った難敵で
仁兵衛もかなり苦戦はするが、刃が通らぬならその体砕き割る!という後期のケンシロウばりの思想で
なんとか大人蚤を退治する事に成功、これで無涯の期待にも応えたと思ったが
斃した大人蚤は所詮我々の中では一番の小物…というか幼虫ですとばかりに大量の幼虫と
成虫である「大人蚤・雄」が出現し、更には屋敷内の別の場所にも大人蚤が現れてしまう。

仁兵衛とは多少面識がある奉公人を襲った、新手の「大人蚤・雌」を退治せんと飛び出そうとする仁兵衛を
無涯は「あんたには無理だ下がってろ」と押し留めるものの、それすらも自分の身を案じてくださっているという
ポジティブな発想に置き換えた仁兵衛は単身で雌の元へと向かい、奉公人はなんとか助け出すものの
より強力な大人蚤には力及ばず、ついに吸血口を突き刺されてしまった。

そして無涯は、そんな仁兵衛の心配をする水野に対し「あいつには何も期待していない」と
あぁ悲しきかな仁兵衛くんの片思いな台詞を吐きつつ、大人蚤の集団と雄を瞬殺して残った雌の元に向かう
辿りついた現場の惨状を見た無涯は、仁兵衛は死んだものだと思ったが
ところがどっこい早合点、仁兵衛はクリリンだったら「輸血輸血」って言われてても当然なぐらいに吸血されながらも
武士の本分である守るべきものを守る為、そして満足にとはいかなかったが、それでも少しでも
無涯の「期待に応えるため」、大人蚤と対峙しつづけていた
その姿を見た無涯は、仁兵衛を「どうでもいい存在」から「芋坊主」へと格上げし
仁兵衛に代わって、最後の大人蚤・雌を寸断するのであった。

それを持って役目も終わり、帰路へとついた無涯と仁兵衛
無涯はこの日のお役目を持って「弱いから死んでも一番困らない、どうでもいい」存在が
別のものに変わったと認識し直し、ほんの少しだけ扱いを変える
その無涯にじゃれ付くように付き従う仁兵衛の姿は、通りすがりの巨大桃娘には「楽しそう」に見えた
そして、巨大桃娘と同じく通りすがり?のレッドアイ能面もまた、彼らの姿を盗み見ていたのだった…と


たまにはふんどしが無くても良いよね!お春と金髪が頑張ったからいいでしょ?
いいえ許されません、晒せ…!お前の使命は晒す事だ…!

冗談抜きで考えれば、今回の話のどこにも火鉢を挟む余裕が無かったんで仕方がないんですけどね
冒頭とかに持ってきた所で、キャラを考えれば「なんであんたが無涯さんと~」と喚くだけだったろうし

と、その火鉢を始め春菊、天馬、そして無涯と通しでやってきたキャラ紹介も今回で一段落
前回辺りから出てきた金髪女のようなファクターを使って、話もそろそろ一本筋が入り本格化していくのでしょうか


ムシブギョー 第05話 「無涯 孤高の瞳が追う先は」


バイオハザード・アウトブレイク2のノミのクリーチャー「メガバイト」は
なぜか飛び跳ねるではなくローリングアタックを主力武器にしていました、ブランカの血でも吸ったのか?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otasin.blog.fc2.com/tb.php/246-4ecb9bbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。