ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「こんなもの…無くったって、人は生きていけます!めぇでしょ!」

ブレンパワードだけじゃなく、今まで見てきたアニメ全体で考えても
これだけ心を鷲掴みにされた台詞ってそうはありません、シーンを思い出しただけで泣けますわ。


感慨に浸りつつ、ニャル子Wの第五話です
前回のそれぞれの部屋を持つ話から始まって、ニャル子の新婚部屋とお風呂のトラップに嵌められた真尋さんに
久々のデレ期が発生、これはニャル子大勝利ですねと思ったら勝利したのはクー子でしたという
まさにサブタイ通り嘘だと言ってよクー子なお話ですね、多人数ヒロイン制はこれだから怖いぜー。

そして、そのきっかけになったのが今回登場のクー子のいとこのクー音さん
どっかの最高神の昔の姿みたいな形したこの姉さんは、クー子に見合い写真と
幼い頃に録音した「クー音と結婚する」というクー子の肉声と言う2つを持って
「見合いをするか、もしくは私と結婚するかを選べ」という近親系のガチレズです
最近のアニメの姉系キャラにはまともな娘はいないのか!皆妹と結婚しようとしていやがる!

そんな行動、言動、発想の3つが揃ってヤバいスロット女に対抗すべく
クー子が「私はこの人と結婚するから」と持ち出したのは、お馴染みのニャル子…ではなく真尋
ニャル子は流石に家柄的にヤバすぎると言う事でその代りに真尋を抜擢した訳ですが
そこからは誤魔化し以外でのギャグに走る事が無く、クー子が「私はこの家に居たい」と真摯に語ったり
そして最後には真尋と本当にそういう関係になった時を考えて「いいかも」と思ったりと、ヒロイン力を全開
そしてその余韻を残しつつ、話は次回に続く…と。


今回は、いつも通りにパロディは入れつつも
前半はニャル子、そして後半はクー子に思いっきり話のウェイトを割いたが為か
映像などの部分に無暗に凝った、アニメのニャル子っぽいパロディは少なかったです

しかし、それが少なかったが故にあれだけのパロディを乱発しながら話があまりガタつかずに済み
話の主軸となる部分も、話の見せ方も実に判り易かった為に
アザトくて、しかもエロくて、パロってるのに話の纏まりが良いというスマートかつ面白い回になってました
次回ももしかしたらこのノリが続くかも、と言う事でちょっち楽しみです。



這いよれ!ニャル子さんW 第05話 「嘘だと言ってよクー子」


現在のヒロインパワー比率

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otasin.blog.fc2.com/tb.php/245-289871a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。