ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔のアメリカのヒッピーは、マジで「服とか資源の無駄、自然保護の精神に反する」って考えて
集会などでは素っ裸で集まる事も多かったとかなんとか。



そして精神的に素っ裸になった鋼の王様が大暴れする変態猫の第四話です
その王の変態っぷりと来たら森田が見たら間違いなく「死ね…っ!狂った王…っ!!」って言っちゃうレベル

その変態の王子ならぬ王様は、月子の姉であるつくしさん
前回のラストから今回に続き、月子が言う「私は姉に嫌われている、子供らしさが無くなればまた仲良くなれるかも」
そんな健気さを打ち崩すかのように、私は【結婚】や【進学】の事を考えている
そしてその為に【妹と縁を切る】、とまで【冷たく】言い放つという冷血漢ならぬ冷血女っぷり
それ以外にも、月子と仲良くしていた陽人に暴力沙汰で突っかかったりと
序盤は主人公の「あれは弟」に騙されるギャグシーンぐらいしか良い所無しです。

その暴虐ヒロイン(仮)のもたらす惨状を埋めるかのように、健気なヒロインの二人
その一の月子が、あの笑わない猫の像はつくしが作ったものだと語ったり、ここぞとばかりにデートして
勢いで水着姿通り越して全裸を晒したり、そういう陽気なギャグや色気とは一転
シリアスに「この表情が無くなった事が今の先輩との接点、これが無くなれば繋がりが無くなる」という考えを打ち明け
主人公に「自分は陽人から見て一体どういう存在なのか?」と問うというヒロイン力高めの行動に出たり

その二の梓が、月子へのテレの入ったありがとう電話や、相変わらず微妙にスカされる陽人の会話にヤキモキしたり
こっちも真面目に、前述の月子との繋がりについて悩む陽人に「建前じゃない、本当の言いたい事を言え」と
前回の話にちょっと繋がるような助言をするという、ヒロインと主人公の中を取り持つサブヒロインの立ち位置に…
なっちゃ駄目だ、なっちゃ駄目だ、なっちゃ駄目だ…!このアニメはシングルヒロイン所為じゃないんだ…!
ていうかどっちかと言うと俺は梓派なんだ…!

とまあ、今回はダークネスヒロインのつくしが叩き台となって他ヒロインが飛躍する話かな?と思いきや
最後の最後でどんでん返しの急展開、月子を「妹として大事」にする為に姉であるつくしに勝負を挑んだ陽人は
その戦いの流れでつくしの真意を聞く事に、そしてその真意とは

進学=留学でマサチューセッツに行く
結婚=私は愛する妹である月子と結婚する!マサチューセッツは同性婚が出来る!
縁切=結婚する為には姉妹の縁は切らなきゃいけない!
疎遠=結婚前にはマリッジブルーが付き物、だから妹に冷たくした、妹もそれを知ってて冷たく(表情無く)なってる

という、世の中に「この発想は無かった」という言葉はよくあれど本気でそれを使いたくなる凄い展開に
予想外の展開と一体何を言ってるのか判らないが重なったダブルアタックです、IPS細胞ってレベルじゃねーぞ。

そして、その爛れた願望を、隠し聞きとは言え聞かされた月子は
陽人とつくしに「ん~、とりあえずお前ら土下座するか…?」と謝罪を要求し、二人は仲良く全力土下座
そして月子は姉に「姉妹は縁切っても結婚できない」という衝撃の事実と
そもそも表情を無くしたのはマリッジブルーじゃなくて笑わない猫の所為だ、というそれなりに衝撃的な事実を告げる

それを聞いたつくしは月子の為に笑わない猫像に無慈悲な鉄槌を下そうとし
猫像は「ありがとうございます×2」属性じゃなかったので、月子の表情を肉まんとして返還
しかし、月子は前に言った「先輩との繋がりはこの表情しかない」という部分に恐れを抱いてか
その肉まんをポンコツ姉さんに全部食べさせてしまうのだった。

そして後日、決闘の際に陽人が言った「月子は妹として好き」という発言でギクシャクしてしまった月子と陽人
しかしそれについて悩む暇は陽人には無かった、なんとたった一日にして彼の家はなぜか更地になっていたのである
中国風の地上げばりの展開で一気に宿無しになった陽人の明日はどっちだ!?という所で今回は〆。


今回でヒロイン関係一区切りって事なのか、今までとは違い
最初に大きな問題を持ってきて、それを最後の最後で一気に解消という作りになっていたけど
その作りとこの展開が合わさってのパワフルさと来たらとんでもないものがありました、正に脱帽
今までの問題の締め方が大抵真面目かつまったりと収まってたものが、今回はこれでしたからね
確かに最後の肉まんのシーンはまったりとしてましたが、そこまでの経緯が問題なんじゃよ。

ヒロインはこれで全員キャラ立ちしたし、主人公は良い感じのイケメンエロ小僧だし
シリアスも今回みたいな馬鹿もいい上に、終わり方の引っ張りも良い感じ
今までも地味に良いなーと思ってたけど、今回のつくし回で一気に大好きになったかもです。


変態王子と笑わない猫。第04話「気楽な王の斃し方」


ダンボー?


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otasin.blog.fc2.com/tb.php/240-d7c329a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。