ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次回予告であれだけおっぱいを振っておけば誰もがおっぱい回だと思う
そして実際におっぱいさんの回なはずなのに、回を通しての注目点を持っていったのはおっぱいじゃなくて
たった一匹のセミだという事実にびっくりです、ありゃもう偉業の域ですよ、マジで。



そんな事を考えつつ、波打ち際のむろみさんの第五話です
今回は、人魚界随一のおっぱいの持ち主にして、その胸の中に失望からのドロドロとした負の感情が詰まってる
むろみさんとは違うベクトルで面倒臭い人魚の「富士さん」がメインの話です

遥か昔、まだ尾びれが美しかった頃のむろみさんに憧れるのみで話かける事も出来なかった人魚が
その尾びれを粗末にして擦り切らせてしまったという事実に失望、それがヤンごとなき精神状態へと変わり
むろみさんに事ある毎に絡んでは無碍に扱われたり乳を引っ叩かれたりしてる内にM性にも目覚めるという
富士さんは、人魚特有の業の深さを体現したようなキャラですね。

じゃあ今回珍しく重い話なの?となれば重たいのはお前の乳脂肪だけじゃー!なのがこのアニメ
どっかで見た事のある演出やら、どっかで聞いた事のある台詞やら、無駄な動物ボイスやらを駆使して
あいも変わらず突っ走る切れ味のいいギャグと、ハイスペック主人公のたっくんのおかげで
とことんバカをやってるけど、なぜかちょっといい感じで〆るいつものむろみさんをやってくれます。

変な所で「いや、ここに力をいれるのはおかしいw」となったりはするものの
基本的にはアニメとしての立ち位置をキッチリと堅持して
一定のポテンシャルを超える事はあるけど、決してやりすぎることはないよ、というのがこのアニメの強みですね
破天荒で勢い任せでいながらも、安定感がパないです。


波打際のむろみさん 第05話 「ツインマウンテンとむろみさん」


でも、今回で隅田さんが地味に自己紹介しちゃったのはちょっとショック
これでお前のメイン回の目…完全に消えた…ッ!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otasin.blog.fc2.com/tb.php/236-03bae293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。