ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
登場から退場までシャフ度高めの暴走ママの手に囚われて
エロ同人みたいな目に遭わされそうになったささみさんを、愛は最強!愛で最強!のお兄ちゃんと
GPS搭載の姉にハッパ掛けられたゼロシフト搭載の妹の二人が助け出すお話。

最近どうもタイトルに反して頑張りすぎだったささみさんも
今回はしっかりと「がんばらない!」という意思とその理由を前面に出してくれました。

確かに「人に都合が良い世界」って時点で、世界はもう歪められちゃってる訳で
ここらはなんかスターウォーズを思い出しますね、どんな形であれ流れを変えるものは異物ですよと
ささみさんの月読の巫女としての意識の薄さは、この世界の有り様を歪めるという歪な行為への嫌悪感と
その為に母の命を吸い尽くした「月読」という存在自体への反逆から来てたんでしょう
「歪の世界」の代償に支払われたのがあの親子の営みだとすれば、それも頷ける部分があります。

今回は「子を産め~子を産め~」とカイオウみたいにしつこいママの大暴れに始まり
お兄ちゃんとたまの正体バレ、タマが語る過去の邪神三姉妹などの裏話展開を経て
悪たれママの討伐完了&後日談「もうちょっと、がんばる」と、正に中盤の〆っぽい話でした
母親が最後に残したものとか、カイオウみたいで暴走気味だったけどやはり「母」でもあったという証ですかね。


前回も「アクション地味じゃね?」と言われたけど、今回もまたアクションは地味め
でも今回も前回と同じく「圧倒的な強さのキャラが、一方的にブチのめす」展開だったし
そこに尺と力を入れると途中の大暴露大会の方に皺寄せが行く気がするしで、一概に何とも言えない気がします
「ささみさん@がんばらない」をどういう視点で見ているか?で評価が分かれる所でしょう
とりあえず「怪異と抜かすかぁぁぁ!!」でしっかりと拾うべき部分拾ったので、個人的にはそれでいいかな。

あと「前には折れなかった剣が折れたのっておかしくね?」となるようなシーンもありましたが
あれは単純に、前回剣を振るった「神様の抜け殻」と今回振るった「現役の神様」の力の差だと思ってます
たまは「一味違う」神様な訳ですし、力の入り具合も違ったんでしょう、多分。



ささみさん@がんばらない 7話



ふにゃあ、見えない何かと戦い続けたっていう過去は一般的には「黒歴史」って言うのですよ




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otasin.blog.fc2.com/tb.php/23-49e52091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
黄泉返った母により月読神社跡に連れて行かれたささみ。 巫女に戻るのを拒否するささみに、もう用はないと子供を産むよう強要する…。 母に見限られ辛いささみの戦い。 つるぎた
2013/02/22(金) 12:43:14 | 空 と 夏 の 間 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。