ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖剣伝説2だと斧は岩を壊す為に使う道具ですよね。


懐かしい事を思い出しつつ、レヴィアタンの第四話です
今回は、今までなにかと扱いが荒かったヨルムンガンド略してヨルムに焦点が当たり
彼女の家族構成や、その考え方の元となる部分が明らかになる話。

元々拾われっ子だったヨルムは、気の良い炭鉱夫(お守りの人達にあらず)の男衆に拾われて
深い愛情を注がれてまっすぐに成長、同じく拾われてきたメタル、ルドラ、ラゴンという
繋げると雑魚っぽい感じになるし、単品だと経験値が高そうだったり秘宝っぽかったり海底原人っぽい
そんな子供達を姉妹として、忙しくも楽しい毎日を過ごしておりました、と

今回はストーリーの骨子も優しい感じですが、実際今までの毒素がかなり抜かれたお話になっていました
中盤以降、その炭鉱夫達が落盤で閉じ込められてしまい、それを助けるためにいつもの4人が協力する場面も
人の命が掛かってるねんで!と言う事か思ったよりは真面目、今回のマヌケなシーンと言えば
竜の内臓の中では炎は撃ったが、流石に炭鉱では炎が撃てないバハムートがレヴィアに変身キャンセルされたり
大事な召還ツールである「スフィア」を有無を言わさずにレヴィアが捨てて壊した事ぐらいです

なにかを変な事をしでかす時、その中心には殆どの場合レヴィアが居ますね
流石は主人公と言った所か、美味しいヨゴレポイントを逃しはしません。

そして、その落盤騒ぎもレヴィアがスフィアを壊した事で、たまたま召喚の図式が整い
前回登場のユルなんとかさんが召喚されて再登場、周囲の岩や4人組、炭鉱夫達をまとめて飲み込んで
地上で竜族の皆だけを吐きだすというダイナミック救助で助け出します
あと、ついでに毎度おなじみの蟲ケラも吐き出しましたがそいつは残念ですが地獄に落ちました
吐きだし方に悪意がありましたからね、ペッ!ペッ!って感じの、そりゃ死ぬわ、待遇の悪さのあまりに死ぬ。

と言う訳で、蟲ケラは不幸になってレヴィアは相変わらずヨゴレでしたが
それ以外は至ってストレートな童話タイプのお話で、最後にはヨルムはアクアフォール防衛隊入りもしましたと
中継ぎと一休み、そして同時にヨルムの説明メイン回を一回でこなしたって感じですね

せっかくのメイン回を一休み回に使われたヨルムが不遇?ハハハなにを言いますか
ヨルムは元からそんな感じのキャラじゃないですかちゃんと可愛く、そして健気に描かれていたじゃないですか。


絶対防衛レヴィアタン 第4話 「絶対呼んじゃうもん!」


ソラマメだ…ソラマメが唯一の答えなのだ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otasin.blog.fc2.com/tb.php/219-cc71decd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
第4話 絶対呼んじゃうもん! 公式サイトから大家族で暮らすヨルムンガンドの家に押しかけたシロップは、そこで三つ子の妹と育ての親のトラビスたちと出会い、彼女の家族への想いを
2013/04/30(火) 19:27:44 | ぬる~くまったりと
炭鉱が崩れたっつってるのに男を呼んでこないとか。 雄は力を得て、雌は魔力と翼を得たってのが説明だったのだとようやくわかり、 そこでレヴィアタンたちを呼んでくるだけという...
2013/04/30(火) 20:00:21 | 真実悪路
ヨルムンちゃんも可愛い。
2013/04/30(火) 20:04:22 | Little Colors
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。