ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男塾塾長江田島平八さんは、三点倒立じゃなくて一点倒立してましたね。



とか言いつつよんでますよ、アザゼルさん。Zの第四話
前回のケツで登場した悪魔「絶望のエウリノーム」が絶望を振りまき、女医?のオネエを引退粉砕
周囲の患者(光太郎含む)の生きる希望を奪い、そしてケツを爆発させる
この事態を前に、アザゼルさんが、べーやんが、そして佐隈さんが動き出すようで殆ど動かないのが今回の話。

人(悪魔)のアレな過去を掘り起こすという、前期アニメのヒロインがやった様な方法で
絶望を掘り起こすエウリノームや、それに対峙するアザゼルさんやべーやんよりも
素敵で可愛い小悪魔な佐隈さんがようやく前面に出てきた今回
とりあえず聞こえの良い事を言っておいて、その対価が自分に来ると「えっ…^^;;」となるのが素敵すぎます。

そしてその小悪魔に翻弄されるのがマルコメさん
アニメや漫画で「もうやめて!HPはもう0よ!」という展開は多々あれど
僅か15分のアニメでこれだけHPを減らされまくったキャラもそうはいないんじゃなかろうか
一回は昇天までしたし(性的な意味で)

その上げ下げの連鎖でより深まったマルコメの絶望も「これをお前の身で救え」と言われた佐隈さんが
自分の身の代わりに通りがかった看護婦さんをアザゼルの魔力で恋人としてくっつけて
それでも一応満足したマルコメさんが皆を解放し、丸く収まったかに思われた今回の話

しかし、過去に行った事で生まれた犠牲と、そこから生まれた恨みは消えず
女医のオネエ(元)の恋人だった男性の暴力(性的な)により、マルコメは再び色々と粉砕されたのだった…という
うん、色んな意味で酷い話だ(真剣)


佐隈さんのあまりの暴力的行為に白目を剥きそうになりました
マルコメ殺すにゃ棒はいらぬ、スルーとスカしで責め殺すって奴ですね
血も臓物も出ませんでしたが、それと同時に血も涙もありません
トリオザバンチ風に言うなら「ざんこく」って奴です。

しかし、こんな嫌な感じのざんこく属性なのに、それでも素敵で可愛いから困ったもんだ。


よんでますよ、アザゼルさん。Z 第04話 「絶望のエウリノーム」


このシーンの直後の佐隈さんの「あぁ!?」が素敵すぎる

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otasin.blog.fc2.com/tb.php/217-8239ac85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。