ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かべが、おそってくる!
今や壁ドンは文化の一部となったが、壁からドン(クラッシュダウン)されると即死するから困る。


と言う訳で青春には壁と風がつきものなアニメ、はまちの第三話
前回の勇者王とはまた違うベクトルで、最近のラブコメ系ラノベでは半ば必須になってきた感がある
男の娘キャラの「戸塚彩加」の登場回です。

相変わらず、授業に、昼食にと「壁と風だけが友達さ」な孤立生活を送る八幡の元に
狙ったような無垢な笑顔で「テニス部をやらないか」と近づいてきた彩加
その天使の色香と距離に惑わされた八幡はテニス部についてかなり真摯で前向きな態度を取る事に。

あ、あと昼食の時は孤独じゃなかった、通りかかった結衣と会話して肩ポコとかされてた
壁じゃ、わしが殴る為の壁をもてい

そして、その事を奉仕部の雪乃に相談するも
「お前に集団生活は無理、寄ってたかって排除される、しかもそこにポジティヴな部分は存在しない」という
痛烈な「経験談」を前に、八幡は彩加ルートテニス部入部を断念
まあそもそも、部活抜けする為の口実だったんですけどね!とか思ってた所に
結衣が彩加を連れてきて、その彩加が奉仕部に「テニスの技術向上」を依頼したので
結局奉仕部として彩加に絡んでいく事になりました

ちなみに、この時に雪乃が提案した訓練方法が
「死ぬほど走らせてから死ぬまで素振り、死ぬまで練習」との事、三死はクエスト失敗じゃないか…!

と言う事で失敗しない様に程々の訓練を積む奉仕部の3人+男の娘一人+メガネサムライだったが
雪乃がちょっと姿を消した隙に、前回登場の脱色戦隊リアジュウジャーが再び登場
難癖をつけてくる連中を相手に、八幡は「お前は俺からエレナの死も奪うのか」級の演説をかますものの
演説とは聞く耳があるからこそ意味がある、つまり話を聞く気の無い戦隊には何の意味も無く
結局は戦隊最強の男女である優美子と隼人、奉仕部新人タッグの八幡と結衣でタッグ戦をして
その勝敗でコートと男の娘を明け渡すか否かが決まるという負けられない戦いに。

しかし、テニスの熟練者の二人を前にしては
「これじゃあ…県選抜に選ばれた事のある女に奉仕部が挑んでいるようなもの…みじめすぎる…」な展開に
挙句結衣も負傷退場というドン詰まりの展開に、謝男登場か?となりかけたが
そこに登場したのは謝男ではなく奉仕部のドンである雪乃。

結衣の「友達」発言でチョロイン・パワーを充填した雪乃が交代に試合に入り
そのパワーと技術で戦隊を圧倒するものの、基本は文系なので10秒チャージ2分キープ
体力の無さを突かれてここから逆転か?となった所で、その雪乃に信じられた事でパワーを受け継いだ八幡が
風とぼっちの力を最大限に利用した2つの魔球で試合を決したのであった…


その後の、試合に負けながらも守るものは守った戦隊の二人の姿
そして、主人公曰く「ラブコメの神様はばかだっ!」な男と男、女と女の関係とか
様々な「友達」の形を提示して、今回は終了。

主人公とヒロインはともにひねたキャラ、ラノベ調なので内心部分などのセリフも多めで
受け重視の男の娘キャラなどのネタキャラ、更に受けが悪いようなウザ連中を出しておきながら
これだけ素直に見れるアニメになってるってのは凄いですね
全体のメリハリの上手さが、それぞれの尖った展開をマイルドにしてくれているのかもしれません。



やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #03 「たまにラブコメの神様はいいこと


シムシティもいいけど、シムアントでネット対戦プレイがやりたい

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otasin.blog.fc2.com/tb.php/188-930e78dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
彩可が可愛い! でも、実は・・・ やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。7 ドラマCD付き限定特装版 (ガガガ文庫)(2013/03/19)渡 航商品詳細を見る
2013/04/20(土) 23:54:34 | 新しい世界へ・・・
青春に壁はつきもの――。 授業のテニスでも壁が友達の比企谷。 壁物語でも始まりそうです(笑) 女の子に見間違うほど可愛いルックスの戸塚彩加から、比企谷はテニス部に入って
2013/04/23(火) 19:52:12 | 空 と 夏 の 間 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。