ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「兵器はたえず進化していく、だが、人間が兵器に合わせて進化していく必要はないはずだ」



て言う訳で、銀河機攻隊マスコミティックプリンスの第二話
助けてもらった人たちが「ありがとう」を伝える事で、主人公達にヒーローの実感が~ってのはよくあれど
助けるための戦いがマスコミによって大々的に報道され、記者会見などを通して「ヒーローにさせられる」挙句
スポンサーまで付くってのは初めて見た気がします

戦勝の兵士達、特に初めての大きな勝利をもたらした兵士となればヒーローに仕立て上げるのはむしろ当然だけど
そこでヒーローを単純に広告塔に仕立て上げるって言うのが実にユーモラスですね

しかし、穿った見方をすればそのユーモラスな部分ですら後の反動の為の布石なんじゃないかなーと邪推したり

今回も冒頭でいきなり出た通り、彼らは「宇宙に適応した人類を作る」という御題目の元で
「戦う為に作られた」人間であるという重い情報が出たり、マスコミに祀り上げられた彼らの
「スポンサーに媚びを売りつつアンテナを配置するだけの簡単のお仕事です」の最中には
ウルガルの最新鋭機にからかわれる様な戦いを仕掛けられた挙句、遥か上の力量を前に
連携を取るどころかまず動けもしない内に、敵の見逃し撤退という形で戦いが終了してしまったという

こういう醜態は、前に持ち上げる部分があったからこそセンセーショナルに騒ぎ立てられるものですしね
既に、ニコニコもどきの様な場所では叩きの米が出回り始めてましたし、これが他のメディアにも伝播したとしたら…
神経質で胃が弱いアサギ辺りは、遠からず剛体術喰らった紅葉ぐらいの勢いで血を吐く事になるでしょう
AB型ァ…おらんかなあ…

MJP機関と彼ら5人の真実の一端に始まり、それに関わりあるであろう銀髪の女性
軍属でいながらも人間的なアマネ情報参謀、そして敵のパイロットである謎の銀髪イケメンなど
今回出た様々な新しいパーツを活かし、次回、水着回です!


テコ入れ早えーよ!!!


水着=泳ぐ繋がり(無理矢理)でなんですが、今回のウルガル機の泳ぐような機動の仕方、綺麗だったなあ…
主人公達はまともに戦えない、向こう側も威嚇射撃しかしてこない、みたいな戦闘でしたが
あの流麗な動きを見てるだけで大満足してしまいましたよ。



銀河機攻隊マジェスティックプリンス 2話「ヒーロー誕生」



数年前、自分のおでこを広告スペースとして出品し、月間契約で385万という価格でレンタルさせた男がいたとか

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otasin.blog.fc2.com/tb.php/161-32b2304b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス VOL.1 Blu-ray 初回生産限定版【ドラマCD付き】(2013/06/21)相葉裕樹、浅沼晋太郎 他商品詳細を見る 僕たち何も出来ませんでした。 「銀河機攻隊マジェ
2013/04/12(金) 21:02:11 | 午後に嵐。
基地を守ったチームラビッツはヒーロー扱いされ、「マジェスティック・プリンス」と呼ばれるように。 通信衛星の再設置をすることになるイズルたち。 機体にはスポンサーロゴが貼
2013/04/12(金) 22:01:31 | 空 と 夏 の 間 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。