ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
理科「鉄球の技術は無限への追求だッ!」
小鷹「え?なんだって?」



という訳で、理科大勝利です
ていうか、かつてここまで最終回でメインヒロイン枠が痛めつけられたアニメを見た事がありません、お、鬼か…

生徒会の面子、特に遊佐葵が持ち上げられたり、ラッキースケベやったり
今期では一発屋で終わりそうになってた幸村がもう一回日の目を浴びたりもしましたが
今回はやはり理科の話、なんか凄いメタっぽい文学戦闘の果てに
双方ともに「他の連中の事を気遣って自分を殺してしまう」という男女の本音暴露大会がメインです。

理科の「僕は友達が欲しいんだよぉぉぉー!」とか、これをやられてそこからどう他の面子が切り返せと
メインヒロインとかそんな枠の発言じゃないですね、キーパーソン、主人公枠の発言ですよ
今期は理科がやってくれるかも…!とは思ったけど、まさかこんな思い切った展開になるとは思いませんでした。

最終回は、後半に思いっきり理科をメインに据えて
序盤は生徒会役員共との活動、中盤は幸村との語らいををメインにしていたので
これまたアニメの最終回にしては珍しく、メインキャラの大半が動かないという展開に
でも、それは小鷹の葛藤からの「隣人部」への距離感を示す演出なので仕方がない部分がありますね。

その煽りを食った形になったのが、(旧)メインヒロイン勢の夜空と星奈
夜空は「最終回だが次回に続く!!」なネタ振りをするという、ある意味では美味しい所を持っていきましたが
星奈は前回あれだけの事をやっておきながら、今回は殆どスルーという面白い立ち位置に
主人公どころかアニメにもスルーされるとは、まさに残念ヒロインの面目躍如ですね


…とか思ってたら、このアニメの原作である小説の方も
現在時点ではアニメ最終回のこのシーンまでしか描かれていない様で、それだったらこういう展開も仕方なしかなと
下手にオリ展入れて無理矢理一段落、って訳にもいかないでしょうしね
もしかしたら、原作ストックを考えるとかなり先とはいえ「アニメ3期」もあるのかもしれませんし

今期のはがないは、前期以上の怒涛の展開になっていましたが
前回のシーンの各所にあった「棘」のようなものが少なくなっていた為に、より気軽に、素直に見れました
最後の方では、原作通りに理科一強のような事態にもなりましたが
それまでは色んなキャラに細かいものから大きな物までの「出番」が与えられていたのも嬉しかったですね。

とりあえず、「エピソードⅡ 理科の攻撃」で今期は終わったので
時間は掛かったとしても、いつか今期の続きとなる「エピソードⅢ 星奈or夜空の復讐」を見たいものです。



僕は友達が少ないNEXT 第12話(終) 「僕は友達が・・・」


PSPのはがないが今出ていれば、生徒会√とかあったのだろうかとも思ったり
ハーレムラブコメの主人公は卒業して、原作付きギャルゲの主人公のレベルアップだ!


スポンサーサイト
「タ…スケ…テ……」「カラダ……ヲ…カエシテ……」は今でもトラウマ



という訳で、ささみさん@がんばらないの最終回、悪徳オカルト結社アラハバキとの決戦です。

ていうか、本当にすいませんでした!
前回のあのラストを勝手に軽々しいものと誤解したのをはじめ
まさか前回のお気楽要素が全部今回の話に掛かってくるだなんて予想だにも出来ませんでした

「お風呂に入らなきゃって、タマの体じゃ意味なくね?」とか、あれちゃんと意味があっての事だったんですね
てっきりタマが寝てる間はささみさんがタマの体を完全に操縦可能で、あの風呂のシーンは
てっとり早くシーンを繋げる&サービスの為だとばかり思ってました、読みが浅かったー!

そして、あの完全ネタ要素っぽかったおちん○んシーンがあんな重要なシーンだったとは…
いや、ネタになるだけでも十分重要なシーンでしたけどw

という訳で「え?これがこんな風に繋がるの?」をふんだんに活かした最終回決戦、アラハバキ側の

【九頭竜を封印した儀式の再現を失敗させて、それを玉藻の前の能力で過去に起こった事と勘違いさせる
       ↓
 勘違いの結果、過去が改変されて九頭竜は封印されてない事に!九頭竜ちゃん大勝利ー!お外走ってくるー!】

大作戦遂行の為に、前回とは打って変わっての血みどろバトルの開始
前回がトムとジェリーだったら、今回はハッピーツリーフレンドじゃないか!ってぐらいのムードの代わり様に
正直ドギマギとしてしまった部分もありました。

でも、ささみさんが私利私欲のためにやっていたとある仕掛けの所為でその作戦もあっさり崩壊
不完全とは言え一応復活した九頭竜も、つるぎが呼んできた「過去に九頭竜を殺した男」の手によって
面白いぐらいに速攻で狩猟完了と、正直急ぎ過ぎたんじゃね?ってぐらいに手早く決戦が終わってしまいました。

前述の通り、前回の話は絶対に外せなかった事を考えると
やっぱり後一回ぐらい欲しかったかな、そうすれば最後の決戦ももっとタメが効いたものになったんでしょうけど
そこら辺は作り手を通り越して提供側の都合とかもあるので、変に文句をつけてもどうしようもないのかなーと

でも、このアニメ前半の方では本当に一人ではなにも出来なかったささみさんが
前回や、この最終決戦では様々な事を考え、行動し、頑張ったという姿は描写できていました
今回の大騒動では、最高神の力を持つ月読呪々に一切の助力を請わずに独力で解決しようと頑張りました
挙句の果てには邪神かがみと蝦怒川情雨の同時攻略ですよ、ハーレムか修羅場のどちらかを選びなさい!

という訳で、今回は娘さんが獅子奮迅の働きをしたのでお母さんは岸部露伴並みに動かないで良かったのに
なんで…あんな事に…という所で、最終回も終わりです。

第一話では「よく判らんが凄いな!」となったものの
続く数回でそのよく判らない部分が大きくなってしまったりと、ちょいとややこしかったこのアニメ
でも今回の様に、面白い展開の被せ方がしてあったり、ギャグのハイテンポさは相変わらずだったりと
最後まで楽しめました、あとEDのグダグダ加減が個人的には凄く好きでしたね
今回はちゃんとしたEDが流れたのに、それでちょっとガッカリしたとか俺はもう駄目なのかもしれない…



ささみさん@がんばらない 第12話(終) 「明日もがんばらない」 


今回冒頭の光渡しは、邪神かがみの提供でお送りしました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。