ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日高「聖クロニカ学園、生徒会会則、その10!」
葵  「それ違います」


という訳でついにやってきた理科の為の理科のメイン回、通称リメイン回です
であると同時に、僕は友達が少ないの根っこの部分に関わってくる重要話でもありましたね。

結局パクリ映画は没となり、星奈の脚本でもう一度撮り直しになる事に
そこの展開を見ると今回もまた星奈の独壇場かと思いきや、なんとそこからが理科の追い上げタイムのはじまり×2
映画の準備、そして一期のゲームの準備と「皆でなにかをやる」という事への熱意で小鷹の尊敬を勝ち得た上で
その小鷹にいい加減「え、なんだって?」は終わりにしないか?という事実を突きつけると言う大活躍
やはり二期は理科の為にあったんだ!(早計)

初公開の小鳩の学校での交友関係と、マリアとの交友関係の差からも判る「友達」の話について
今回ようやく切り込んだ訳ですが、これは小鷹の考えも判らんでも無いなと思ったり
単純に「ヘタレ」と言われればそれまでなのかもしれませんが、それでもようやく得た場所の為なら
あえて何かしらを放棄する事でそこを厳守しようとするのも理解はできます。

でも、その場所を作っているのが自分だけではなく複数人である以上
その「他の人間」の意識が絡んでくるのはどうしようもない訳で、それをいなす為の「え、なんだって?」も
その場所の価値、圧力が高まってくればこそ、必ず通用しなくなるのもまた自明の理
どうしようも無いレベルで崩壊する前に、あえて理科が釘を刺してくれたのが今回の話で
次回からどうなるかはまだ判りませんが、これを活かせない程小鷹もお馬鹿では無いでしょう。

次回予告で既に活かしてたじゃないか!とか言っちゃいけないぜw


僕は友達が少ないNEXT 第10話 「残念王と笑えない話」


新キャラの【リア王】日高日向、初登場にして前回の葵以下の扱いで早速リア王?状態に
スポンサーサイト
こういう時こそマフラー仮面を使うべきじゃなかったんですか!?


という訳で、今回はれいの内心からカラスの背後にあるもの
ビビッドチームにはアローンをパワーアップする射手の存在、挙句の果てにはあかねの蒙古斑など
様々な要素が明らかになった回でした。

まずは、レーザー光線でお仕置きをする外道カラスの背後にある「知性体」の存在
人間を遥かに超える、時空すら操るというサガ3っぽいそいつが次元エンジンの事故の際に博士の前に姿を現し
人間に次元エンジンを使いこなせるか問うてきた、そしてそのテストがアローンなのだろうという事が
ここに来てようやくフェレット博士の口から語られます。

れいの世界が崩壊した理由は、本当に次元エンジンの暴走にあったのか、それともテストの失敗に拠るものなのか
ちょっと気になる所ですね。

そのれいにも、矢を全て撃った後で次元エンジンの破壊に失敗していた場合は消滅してしまう事や
重要な射手の役目でありながら、実はカラスからなぜか情報が与えられていなかったという事が判明
前回あれだけタイミングで人を責めておきながら、それを合わせる為に重要な情報は与えていないとか
この外道カラスの行動の意味はあるのでしょうか?部屋に入る時はやはり嘴で器用に窓を開けるのでしょうか?
これも気になる所です。

そして、カラスから次に現れるアローンの位置と時間を気合で聞きだしたれいは
消滅の危険を顧みず、明日現れるアローンに残った4本の矢を全て一体に撃ちこむという賭けに出る事に。

そしてその前に後悔を無くしておきたいという事で「トマト潰してごめんなさい」とあかねに伝えに言った所
そのまま メシ→フロ→寝る のコンボでお泊り会に発展、そしてその「寝る」の部分で
「友達になってくれると言ってくれて嬉しかった」という内心を吐露し
そして果たされないであろう「次」の約束をする事になります、あかん、フラグ立て過ぎや…

そして迎えた「次の日」、時間通りに現れたアローンにれいは矢を全て撃ちこまんとするも
ひまわりと博士の手によって、射手の存在とその位置の特定方法が明らかになっているという状況では
一本の矢を撃ちこむ隙しか見いだせず、それどころか大量のドロイドと兵隊に追われる事に
そして、辛うじて一本を撃ちこんだアローンも、ビビッドグリーンに一刀の元に切り倒されます。

そして、追い詰められた射手=れいと遭遇するあかね
追い詰められていいたれいはそのあかねを「嘘つき」と罵り、そして捕縛されるのであった…で今回は〆。

出てきた新情報が多くて、ささみさんと同じくお風呂回なのに
こっちはお風呂でまったりどころじゃ無かったですね、湯気とか尻にしか目が行かなかったよ全くもう。


ビビッドレッド・オペレーション 第10話 「光と影と」


久々に見たなあ、こういうエフェクト




冒頭からいきなり何やっちゃってんですかこのアニメ!?生徒会役員共でも本放送ではP消ししてたのに!
ていうかOPのキノコの森の映像って、これの暗喩だったりしないよね…?


今回はそんな暴走回、前回までハードな展開が続いたから今度こそ良いよねって事なのか
ギャグと色気をキマシマシでお送りの、江戸川情雨宅へのお泊り&お風呂回です
キャラとしては、新キャラの江戸川情雨と邪神三姉妹にウェイトが置かれていました。

まず最初に推されたのはかがみ、「友達になったと思ったら次回でいきなり腹を刺されてしばらく寝込んだ」という
暗い過去を払拭するかのごとく、今回はあーんに、お姉様に、そしてお風呂にと出番の大盤振る舞い
ささみさんとの間に構築した友情フィールドは、男からは「恋人」と呼ばれ女からは「そっちの趣味」と呼ばれる程に
強固で気高いものになっていました、うん、「友」じゃなくて「恋」になってるのは多分写植のミスからの読み間違い
インド人を右にとか確かみてみろみたいな感じのやつ。

お次はたま、今回は風邪をひいたささみさんの代わりをさせるべく、たまをささみの姿に変じさせて
それをチャット(交神結界)を通じてささみさんが操縦?するという変わった役割を果たしてたんですが
その「本体のささみ」と「たまが化けてるささみ」の両方とも声優さんが同じなんですよね
まるで別物、しかも片方は別キャラのノリを同居させなきゃいけない2つの声を使い分けるとか、凄い仕事ですね。

キャラとしてのたまは、ささみさんの言動をその無垢な感情表現で倍加するという立ち位置で
ささみのお兄ちゃんや、たまの義理の姉を無駄に骨抜きにするという年上キラーっぷりを発揮します
「私、お兄ちゃんと結婚する!」「えへへ~、おねえさまっ!」

そして三姉妹の最後はつるぎ
前回で後悔を吹っ切った事で違う方向にも吹っ切れたのか、今回は酒にセクハラにと大暴れ天童
変顔含め、完全なギャグ要因としては下の二人を寄せ付けない勢いとパワーがありますね、流石は長女
最近じゃNTRものの良さが判って来て全然興奮できるようにもなったそうです、じゃあ次は男の娘だ!

そして今回のメインでもある、前回登場の新キャラ江戸川情雨
いきなりの「江戸川さんには人には言えない秘密が~」というささみの独白で
多くの人に「体は子供で頭脳は大人なんですね」と誤解させて、その実「体の一部が時間限定で男」だったという罠
そしてその「体の一部」の正式名称、あえて申さばおちんちんを伏字も無しで公共電波発信するという暴挙
流石悪徳オカルト結社の首領だわ、やる事が半端ないです。

そんなマイペースが過ぎるぞ!自重せよ!な情雨も、人間関係というものには慣れていないのか
自分側からはノリノリで接触は出来るのに、他人の方から友愛の情を持って接触されると戸惑ってしまうという一面も
それが長じて廻りの空気がおかしくなりかけたりもしますが、そこはささみさんのサポートで事無きを得ます
ヤマノススメのあおいといい、アニメに出てくる元ぼっちはコミュ力が高いぜ…!

そして今回のメイン?であるお風呂でも女の子(仮)の秘密をささみさんに守ってもらった上に
更に固くなった秘密の部分をささみさんの尻に…という行為までしでかした情雨さん
彼女の「どうして構ってくれるの?どうして私の為に頑張ってくれるの?」という問いに友情で応えるささみさんに
情雨がついに耐え切れず「友達にはなれないわ、だって、いつかあなたを殺すから」と内心を吐露した所で今回は〆

完全なギャグ回かと思いきや、最後の問題発言を始めに要所にしっかりと伏線っぽいものを滲ませた回でした
あの「世界で一番安全な場所」などの発言も生きてくるんでしょうか、その安全を保障してくれる人が今はいないし
玉藻の前(大人)も後半から姿を隠してますしね。

あのネタっぽい下半身の設定も、前回玉藻が言った「お嬢様も、少しは救われる」に掛かってるんでしょうか。


ささみさん@がんばらない 第10話 「見えない敵と戦ってみる」


後部座席に、天使、墜天る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。