ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャドウハーツ2にカレーの塔ってあったなあとか、そんな事を思い出した49話です。


今回はオリ展と見せかけた原作消費…と見せかけてやはりオリジナル展開で
独走のたかにゃ、そのたかにゃを奸計を仕掛けるこあみ&こまみ、空飛ぶぷちどるのぴよぴよ
そして相変わらず素直になれないいおに、男前なまこちーと、それぞれが個性を発揮した回でした。

原作漫画の方では、まこちーはパワフルな所はあるけどあまり男前タイプではないので
こういう展開は、なんだか新鮮ですね。


ぷちます!-PETIT IDOLM@STER- 第49話 「わきわきかーにばる


カレーヌードルならば普通なのに、カレーラーメンというとなんか特殊メニューっぽい感じがするという不思議。
スポンサーサイト
無駄だ!貴様は星奈と戦うどころか、もはや立ち上がれるような状況では無い
流法『許嫁』はお前のプライドや心の支えをズタズタにしてしまった!やめろ……勝負はついた!
みろッ!更に微小な言い訳すらも許されないほどの脚本の丸パクリ!

つまりもうおまえ(夜空)は助からない


「さ、左様な事は…」とカバーしたくもなりますが、今回は流石に一方的に夜空が攻められまくり
小鷹を褒めまくりという新しいベクトルの新キャラ「遊佐 葵」の登場で星奈と夜空がヤキモキする話かと思えば
葵は今回顔見せしただけでお終い、そしてここからが(夜空にとって)本当の地獄だ…!

学園祭に向けて映画製作に励む一向に迫る、時をかける天馬の魔の手…!
天馬の口から「え?星奈と君(小鷹)って付き合ってんじゃないの?」という話が持ち上がったと思えば
その次の日にはその星奈本人の口から「星奈と小鷹は親同士が決めた許嫁」と「幼馴染でもあった」という
二つの重大な事実が語られ、しかも星奈本人も胸ボタン外して「やらないか」状態だったり案外乗り気と言う始末
しかも秘密にしようと決めたこの話が、ケイト経由でマリアの口からあっさり隣人部の耳に入ってしまうという…

これだけでも「こうかは ばつぐんだ!」状態なのに、更に星奈本人に「過去に拘ってんな!」とまた説教されたり
更にケイトとの会話から出た「坂道の上の太陽」という映画の脚本を、夜空が丸パクしてた事が判明したりと…

いやまあ、後で持ち上げる為の下げの時期なんですよ、いつか、きっと、多分大丈夫
というか、夜空だけに目が行きがちですが地味に幸村と理科にも許嫁の事実とかは突き刺さってる訳で
理科辺りは、今までや今回の反応とか、夜空の態度とか見てるとそろそろなんかしてくるんじゃないかなと思ったり
二期になってから随分キャラ推しされてた感じもするしね、いっその事理科ちゃん大勝利ー!で行こうぜ(極論)


僕は友達が少ないNEXT 第9話 「迷い猫オーバーヒート」


それにしても、二期になってからやっぱり風潮明るくなったなと
今回の話、一期のノリでやってたらもっと刺々しいか暗いものになってた予感。




わかば「判りやすい地雷はあえて踏む!そして叱って踏んでもらう!それが天元理心流!!」
撮影陣「俺達一流の撮影スタッフ!でも被写体の管理は適当さ!そして俺達ゃ決して謝らない!!」
ひまわり「このおろか者どもめが」


そんなひまわり×わかば回、前回生きるか死ぬかで頑張りすぎたので今回は休憩って所ですかね
わかばとひまわりが理由付けてデートしたり、わかばがひまわりを自慢したくてどうしようもなかったり
そんなわかばが地雷を踏んで奴隷になったり、わかばが婿養子として迎えられたりするという
どうしようもないぐらいのばかわかば回です、前から読んでもばかわかば、後ろから読んでもばかわかば。

途中でいくつか地雷を踏んだり、凄い失敗フラグを立てそうになってもギリギリの所で回避して深刻化はしない
それが箸休め回のあるべき姿ですね、将太の寿司でも舌直しに必要なのはさっぱり感だと言ってるし
今回はひたすらネタの提供ふわふわ感の提供がメインです。

そんな回なので、ひまわか以外のあかね、あおい、れいにアローンまでも今回は休憩モード
残り時間5分も無い所で大気圏外から突入して、凄い勢いではっ倒されるというアローンのスピーディー退場に
流石のれいも矢を撃つ暇も無く、カラスから「ノロノロし過ぎ」と叱られます

いやもう仕方ないじゃん、大気圏外から来て、そのまま超高空で速攻撃破されるって
どこに弓矢の入る余地あるんですかっていうね、お尻アングルだけで満足してくださいよ、全くもう。 

そんなドタバタの後、わかばが一年デート契約されて大勝利したり、れいがイラ風呂したりで今回は終了
今回は「れいときどきひまわか」ってなもんでひまわりとわかばの独壇場でした
それでもチョコチョコと登場してたれいはまだいいが、メインのあかねとあおいなんて
序盤着ぐるみでバイトして、中盤駄弁って、最後合体して撃たれたり殴ったりで終了です
これがメインキャラの扱いかー!!きさまーゆるさーん!


ビビッドレッド・オペレーション 第09話 「晴れときどきふわふわ」


工場格好いいよ工場、工場写真集とか見るとその猥雑とした荘厳さに目を奪われますよ、マジで。


「悪徳」「オカルト」「結社」
この3つの言葉のどれを取っても胡散臭いのに、それが繋がってるんだから凄いよね
名前のインパクトだけなら世紀末オカルト学園超えてるわ。


という訳で今回、なんと狂犬(母)復活です
あの心霊手術にあんな意味があるとは思いませんでしたね、ママはエロ同人みたいな事するだけの人じゃなかったんだ…

前回なんか凄い事を言いながら登場したゴーレム妖怪、玉藻の前の
「ささみの持つ後悔の念を利用して過去に干渉する」というトンデモ能力に大苦戦
だがそれをつるぎが逆利用する事で、黄泉返りした呪々と合流後にその赤裸々な過去を手繰るというのが今回の話

登場時の「おできが出来る程度にしようと思ったのであるが」から始まり
今や亀甲マンとかしたお父さんへのプロポーズ、母親の日の表と裏など、お母さんの可愛い姿が存分に描かれ
狂犬ママの面目はすっかり崩壊ですよ、いや崩壊してもいいんだけどね、可愛いから。

そんなママは襲撃時の強情さもすっかりと陰を潜め、今回はささみの話に耳をちゃんと傾ける様に
「日本の神は奔放すぎる、神々は人間が管理しないと」という呪々の考えに
「ただの管理人の分際でそれは烏滸がましい、神々だって成長してる、それををもっと信じないと」と返し
また、最高神の力を母に返し、その間に自分は成長して潰されない様になるというささみの姿に
それこそが月読の巫女の本分であったのだろうと、呪々は自分の考えを改め
自分の力でその信念に辿りついたささみを認め、誇りであると讃えます。

そしてその姿を見ていたつるぎも、自身の本来の姿である天照大神に立ち戻り
「私が頑張らずに、人に力を安易に授けたのは失敗だったのか?」という後悔をささみにぶつけますが
これにもささみは「疲れたら休むのが当たり前、私達の歴史を後悔なんてしないで」と返答
つるぎの長年の後悔もこれで解消します、ささみさん@マジ女神

そして場面は再び玉藻の前との戦いに戻りますが、玉藻の前の能力の源である「後悔」は既に砕け
月読の巫女である事、そして最高神である事の誇りを取り戻した3人の前に玉藻の前が敵う筈もなく瞬殺
ささみ達は、過去の世界から現世へと戻る事になります。

その後、ささみの脂肪(仮)を使い受肉、肉体を持って現世に戻った母と共に
「頑張らない為に頑張る」日常を再開したささみと、共に歩むお兄ちゃんの元へ
学園の生徒会長であるという超怪しいツインテール娘「蝦怒川 情雨」が登場し
ささみを巡ってお兄ちゃんと一悶着した後で退散、その後に狐娘状態の玉藻の前と合流して
今更隠してても視聴者にはバレバレだし…とばかりに悪徳(ry精神をぶっちゃけた所で、今回は〆です。


厳しさと優しさを併せ持つ母、駄目人間に見えて本当は凄い奴であるお兄ちゃんと
他の肉親はどんどん評価を上げてるのに、登場時からただ墜ちるだけのお父さんはパねえ、お父さん@がんばれ
でもがんばるとか以前に次回から出番も無くなってる様な気がするよ、新キャラにもウェイト割かなきゃだし。


ささみさん@がんばらない 第9話 「できないんじゃな


最近の悪の組織には「目指すは世界征服!」っていう志と気合が足りない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。