ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』に高難易度「INFERNAL」登場 ― プレイ動画も公開

カプコンは、Wii U/PS3/Xbox360/PCソフト
『バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』の最新情報を公開しました。

本作のメインモードである「キャンペーン」に
「CASUAL(カジュアル)」「NORMAL(ノーマル)」に続く新たな難易度「INFERNAL(インファーナル)」が追加
これまで以上の高難易度はもちろん、敵の配置やアイテムのセット等、細部に至るまで再構築されています。

これまでのプレイ感覚や戦術が通用せず新たな戦術を試す必要があり
他の難易度でクリアしたプレイヤーでも新鮮に楽しむことができます。


(記事本文はこちらのリンク先からどうぞ)
http://www.inside-games.jp/article/2013/03/05/64440.html


日本語吹き替えで「前回のバイオハザード・リベレーションは」と言われる度に
「さーて、来週のサザエさんは」を思い出してどうしようもなかったという思い出。

あと、ゲーム「PXZ」に登場したクリスとジルは殴る蹴るしすぎ
同じカプコンの本職(ストリートファイター)並みのパンチが打てるって凄すぎだろうと。
スポンサーサイト
13496.jpg


「To LOVEる ダークネス」ポスター無料配布イベント 3月10日に秋葉原、名古屋、大阪

2012年12月に最終回を迎えたテレビアニメ『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』の
B3クリアポスター無料配布イベントが、2013年3月10日(日)に、秋葉原・名古屋・大阪の3箇所で実施される。

先月に第3巻がリリースされたBlu-rayとDVDの売上も好調な同作から
作品ファンへの感謝を込めたイベントとして企画された。

ポスターのデザインは、作品を彩った美少女ヒロインたちが集合した豪華なデザインとなっている。



(記事本文はこちらのリンク先からどうぞ)
http://animeanime.jp/article/2013/03/05/13189.html


そりゃそうだ……肌色でもない……反射の利用もしない……
ふつうの……柄だ……
『新・光神話 パルテナの鏡』これで400枚コンプ!最後のARおドールカードパック発売

任天堂は、ニンテンドー3DSソフト『新・光神話 パルテナの鏡』で使える
新たな「ARおドールカードパック」を任天堂オンライン販売で販売開始しました。


(記事本文はこちらのリンク先からどうぞ)
http://www.inside-games.jp/article/2013/03/05/64431.html


このゲーム、買う前は「本体とソフトだけでネット対戦できるとかいいんじゃね?」ぐらいの感覚買ったんですが
現時点、3DSで一番好きなゲームを挙げろと言われたらこのパルテナを挙げるぐらいに好きなソフトです。

ペンを使ってのターゲッティング動作は、確かに最初は戸惑いましたが
いざ慣れてみれば、これほど直感的にタゲできるシステムもそうは無いなと思えるような良いシステムで
ゲーム部分も、1ステージごとに用意された「空中戦」「地上戦」ともにギミックが盛り沢山
自分がステージを始める時に選んだ武器や、ホンキ度と呼ばれる難易度を変える事で
同じステージでもまるで別物と言えるような顔を見せて、また新鮮な気分で楽しめるという。

そしてステージクリア後に手に入る武器=神器のハクスラ要素
まるでディアブロのプレミアムアイテムの様に、素体となる武器に様々なスキルがついているという作りで
「使いたい武器に、使いたいスキルがついている」という理想の武器を手に入れる為にどれだけ気張った事か

そして、ステージごとに回数使い切りの、回復や攻撃、様々なサポートスキルである「奇跡」
この「神器」と「奇跡」共々、より強力な物を手にしたいならホンキ度=難度を上げるしかないという罠

理想的な武器を入手する為には難度を上げなくてはいけない=難度を上げるとまずクリアも覚束ないぜ!
この当たり前の公式に頭を悩ませなかったプレイヤーは、まずいないでしょう。

そして、目玉の対戦要素
対戦はチーム戦と、個々で戦うバトルロイヤルの二つがあるんですが
その両方ともハクスラ要素で手に入れた自分の自慢の武器を使って、自分の腕一本で堂々と勝負
直感的なゲームシステムが更にそれを煽りたてると、これで燃えないアクション好きはまずいないでしょう

オンラインゲームのお約束として「裏ワザ」「スゴ技」の様な初心者狩りの技が出来上がってしまったのは残念ですが
それでも「これで安定」という装備、技の組み合わせが出来なかったのは、凄い事だと思いますね
毎回「これが最強!」という組み合わせが出る度に、それを崩す新しい組み合わせが出てくるんです

「これでもう無敵!これが最適解!」がなく、自分の腕と装備の組み合わせで状況を変えられるってのは
対戦系ゲームとしては基本でありながら、最も有難い部分だと思えますね。

ストーリー部分も、前作がディスクシステム(1986年)だったので
続編ゲーなのに前作全然知らないって大丈夫なのか?とも思いましたが、作中でのコミカルかつ親切な説明や
単体でも十分通用するストーリー、アホでなおかつテンポのいい会話、それに魅力的なキャラクターと
アクションゲームなのにストーリーだけでも十分に楽しませてもらいました

ゲーム発売前に様々なアニメ・ムービーが数本公開されたのも本作の特徴だったんですが
その中に異色作としてあったコメディ・アニメのノリが「異色」ではなく「正当」なものであったとは
発売前までは殆どの人が予想もしてなかったよ…特にパルテナ様、女神があんなにアホだったとは…

特徴的なシステム、そのシステム故の保護フィルム必須、単品ではなく続編(しかも前作入手ほぼ無理)など
とっつきが悪そうな要素だらけのゲームですが、実際やってみればこれだけ楽しめたゲームも久々でした
特徴あるゲームですから万人にはオススメできませんが、興味を持った人にはぜひおススメしたいですね。
「ロボコップ」シリーズ登場の欠陥ロボ、ED-209型がeBayで販売中、お値段230万円

自動車産業衰退とともにスーパー犯罪都市と化したデトロイトで
ロボット警官「ロボコップ」が犯罪者どもをばったばったとなぎ倒すSFアクションシリーズに登場する
世紀の欠陥ロボットED-209の実物大レプリカがeBayに出品されており
現在2万5千ドル(約230万円)の値段がついています。


(記事本文はこちらのリンク先からどうぞ)
http://dailynewsagency.com/2013/03/04/robocop-2-full-size-10-8xg/

欲しいという方、注文はこちらからどうぞ


ディレクターズカット版では、ケニー君に死体撃ちまでやった「悪名高い」ED209が商品になる日が来るとは
これで亡きジョーンズ副社長も報われようというものですね(棒)

次はオートモを商品化してくれ!
謎の新作は「幻影ヲ駆ケル太陽」 ビジュアル、キャストのみを新たに公開

2月20日にタイトル未発表のままティザーサイトをオープンしていた新作アニメのタイトルが
『幻影ヲ駆ケル太陽』であることが明らかになった。

3月2日に公式サイトが本オープン、タイトル発表と情報発信を開始した。

新情報として本作が2013年7月放送開始予定のテレビシリーズであることも告知されている
また、キャストには4人の女性声優、門脇舞以さん、喜多村英梨さん、徳井青空さん、巽悠衣子さんが参加する。


(記事本文はこちらのリンク先からどうぞ)
http://animeanime.jp/article/2013/03/04/13183.html

(幻影ヲ駆ケル太陽の公式サイトはこちら)
http://www.geneitaiyo.com/



あのカードがクルクルしてたサイト、新しい情報が出てたんですね
PVなどをパッと見した印象では「あれ」系かなって感じもするけど、実際には始まって見ないと判らないですね
こればっかりはどのオリアニでも一緒です。

あとPVラストの映像には罠臭がプンプンするぜよ
話題の都市建設シム「シムシティ」の先行プレイレポートを掲載。複数のプレイヤーが共に都市作りを行う“マルチシティ”とは

「シムシティ ソサエティーズ」から約6年
ナンバリングタイトルである「シムシティ4」からは実に10年ぶりの最新作となる「シムシティ」。

世界中の都市建設ファンの期待が集まる本作だが,このたび,2013年3月7日の国内発売に先駆けて
製品版とほぼ同じバージョンを先行プレイする機会が得られた。

2度にわたって行われたβテストでは確認できなかった「マルチシティ」を中心に
そのインプレッションをお届けしたい。


(先行プレイリポート本文は、こちらのリンク先からどうぞ)
http://www.4gamer.net/games/149/G014962/20130304059/


一つのリージョンで、16人のプレイヤーが隣合わせに街を作って住人などで交流
場合によっては「お前の街から犯罪者が来て困るよ!」って言われる事も~とか、夢が広がりますね。

ファイナルファイトのメトロシティみたいな街を作って
他のプレイヤーから「あそこにはへいわもちつじょもない あるのは ぼうりょくと 死 だけだ」って言われたい。

格差社会(約一名)



という訳で、第一回!ぷちどるだらけの水泳大会=水着回の開催です
元ネタの番組って、やらなくなってからもう何年ぐらい経つんだろう…

今回は、予選Aチームのメンバー紹介のみで
参加チームは千早&ちひゃー、やよい&やよ、美希&あふぅ、雪歩&ゆきぽ
そして春香&P  …ではなく、春香&ちびきと言う組み合わせです、はるかさんは水で増殖するのでお休み。

司会が下手とかを通り越して司会をやってもいない梓さんとか
らくらくシャベルでも使ってんのかってぐらいに自然にコンクリに穴開けた雪歩とか
元ホストのヤクザが見れば「お前…鍛えていたのか…」って言っちゃうぐらいに鍛えてあるPとか
水着回なのにそんな水着以外の部分にばかり目が行きましたw


ぷちます!-PETIT IDOLM@STER- 第46話



でも、春香さんはちょっと凄かった





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。