ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒロイン達全滅!メインヒロインはピンク色だった!!(仮



という訳で今回も飛ばしまくりの愛衣メイン回、どれだけのメインっぷりかと言うと、それぞれソロでの出番が


愛衣…今回の8割以上がソロでの出番、愛衣ちゃん今回も大勝利!
真涼…出番は終盤に3分ぐらい、それでも浴衣は来たし頬キスもしたしで一応ヒロインの面目は保った!
千和…序盤にそでにされる役目をやりました
姫香…メールのみ

という格差社会、というか姫香、前回から更にソロの出番が減ってしまうとは予想だにもしなかった…!


そんな姫香をしり目に今回も走りまくりの愛衣は、まず愛衣版の「中二病ノート」のお披露目から始まり
そのノート争奪杯・鋭太との全力マラソンから、ノートが読まれて混乱する愛衣への鋭太の慰め展開
そこから抜け目なく花火デートへの誘いを取り付け、そして花火デートでついに鋭太の幼稚園での記憶が復活

そして、10年後の約束である「こんいんとどけ」の登場

もうやめろ!これ以上は(他のヒロインが)ついていけない!!

直接タっくんに好意をぶつけるようになり、内面をさらけ出すようになった上に
ついには復活した自演乙の会に入部したスーパーモードの愛衣に、他のヒロインはどうやって太刀打ちするのか…
そんな所で、今回は終わりです。


今回はストーリー的に爆走状態の愛衣につい製作も熱が入ったのか、動きもまた気合が入っており
姫香の浴衣クルクル回転や真涼の目つぶしっ!など、いつもより多く回しておりましたし
愛衣は当然の様に動きまくっていました、某アニメでは「振り向くだけでも大変なんだよー!!」と言ってた
振り向き動作をあっさりとこなし、それ以外でも要所要所で力の入った絵を見せてくれました
愛衣お馴染みの走るシーンもいつもより滑らかにランナウェイです、スペースランナウェイ・イデオン。


俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる #09 「よみがえる約束は修羅場」


「誰もが歪んでるから、誰かが歪んでるって責めるのは間違いだと思うんだ」
妄想での自虐ネタを見る度に、この言葉を思い出します。
スポンサーサイト
「少ないを二回繰り返して少々なんだから、つまりすげえ少ないって事」はセーフだが
「弱火で3分って事は、強火で1分でいいんじゃね?」は多分アウト


今回は、タケルがほんのりしょっぱい煎餅と一緒に持ってきた、煎餅よりもしょっぱくて苦い恋愛映画のチケットが
恋する面々の間に一騒動を持ち込むという恋愛回…に見せかけた被り芸、すれ違い芸、被せ芸と
つまりはメインが藤岡、ヒトミ、リコで送られる、安心安全ないつものみなみけって事ですね。

あ、もう一人の恋する男=保坂は前回頑張りすぎたんで今回は冒頭に登場のみでお終いです
もういい…!もう…!休めっ…!休めっ…保坂っ…!

前半はヒトミ回、タケル→春香→アキラ→ヒトミという順番で廻ってきた映画「ヒトコイ」のチケットで
どうやってポロロッカ現象を起こしてアキラを誘うかという話のはずが初遭遇の藤岡とヒトミによる被り芸大会に
カウントするだけで軽く8コンボ被りで、カウントしない分も入れると20回ぐらい被り続けるという被りっぷりに
もうお前ら結婚しちゃえよと思ったが、そういえばお互い違う相手がいるんだった。

中盤でも恋愛観に、アキラとの「気持ちの伝え方」によるすれ違い芸にとヒトミは大活躍
ヒトミ最高や!恋愛ギャグ回にヒトミ以外はいらんかったんや!

リコ「なんだと」

という事で、最後の最後に中等部の恋愛女、リコが登場
気持ちの伝え方→プレゼント→お菓子→お菓子の作り方→少々ってなによ!? という流れの被せ芸を展開します
餅つきの合いの手のように途中途中で見事に噛み合うのはケイコさん、流石の安定力ですね
そして最後に「ほんの少し」を一気に流し込んで、今回はお終いです。


ああ……それにしてもヒトミは可愛いっ…!!
サブタイでなんとなく予見はしていたんですが、今回はただでさえ可愛いヒトミが更に可愛い回だったので大満足です
しかも「恋愛」「可愛い」だけで終わらせる事は当然無く、弛まぬ流れのギャグのテンポも流石のみなみけですね。


みなみけ ただいま #09 今、恋をはじめます


そして止まらぬカボチャの流れ、これが世界の選択か
そう言えば新シリーズになった映画「スパイダーマン」は、次作でグリーンゴブリンが登場するらしいですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。