ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「誰かがやならなきゃいけない事を、俺がやってやる」
これは「修羅場」ではなく、何時かは通らなきゃいけない「通過点」でしたね。


今回は、映画を主軸にした「過去と、その先の未来」の話でした。

隣人部がやる映画の脚本を描く為という口実で小鷹と映画館デートをする事になった夜空は
その映画を通して「一歩進んだ」発言をするものの、結局はそのデートを通じて「昔の様に楽しかった」と
結局「幼馴染という過去」の方に重点を置いた発言をします。

ナイーブな夜空という人格は、自分の行動でどうなるか判らない未来ではなく
既に確立している過去の方を重視する方向にありますね、その過去が良いものであったから尚更です。

そんな夜空が書いた脚本は、やはり夜空と小鷹が友人関係となる様なものでしたが
配役に問題ありとして皆がキャスト替えを口にし、結局大幅にキャストが変わってしまう
そしてそのキャスト変更に合わせて再び脚本を書き直すが、少しの修正で終わる筈が大幅に書き直され
また小鷹と夜空が演じるキャラが友人関係になるというものになっていました。

なぜそういう風な脚本になったかという事を夜空に問い質し
「夜空と小鷹が幼馴染だから、友人関係になるのが自然だからだ」という言地を得た星奈は

「そんな昔の事、今はどうでもいいでしょう」と「昔の事を引っ張ってないで、今やる事をやりなさい」

という決定的な言葉を口にし、それに耐え切れなくなった夜空は
「貴様さえいなければ…!」という捨て台詞を星奈に残し、部室を飛び出します
その言葉を聞いた星奈は「私は夜空は嫌いだけど、いなければいいと思った事は無いんだけどな」と一人ごちます。

その後、飛び出した夜空の後を追ってきた小鷹の「10年前が大事なら、今は大事じゃないのか?」という言葉で
ようやく夜空も少しだけ前=未来の方を向くようになったのでした、という所で次回に続く。


今回の話は、なんかどちらのヒロインが悪いみたいな展開になりがちですが
一概にどちらが悪いという話でもないですね。

その実、自分に人間に自信が無く、それ故に余裕なんてものも全然無い
不安から過去にしがみ付いていた夜空を「友達ではないが、特別な存在」の星奈が過去から引き剥がした訳です

その星奈に向けられた「貴様さえいなければ…!は確かに辛辣な言葉でしたが
夜空から見れば「小鷹との間に入ってきた、本来ありえないはずの障害物」である星奈に対しては
いつか必ず向けられる言葉だったのでしょう、夜空が「小鷹」という存在を軸に皆を見た場合には
そういう陰の部分が出るのは仕方がない所です、自分に無いものを持っている星奈に対しては尚更でしょう。

今回の冒頭で小鷹が、そして前々から理科が考えていたように
小鷹を主軸として「隣人部」というものが大きく変わる時期が来たのかもしれません。


僕は友達が少ないNEXT 第8話 「俺の幼なじみが



2Pカラー(嘘)



スポンサーサイト
ハリウッド版「ゴジラ」にジュリエット・ビノシュ

ギャレス・エドワーズ監督(「モンスターズ 地球外生命体」)がメガホンをとるハリウッド版「ゴジラ」に
ジュリエット・ビノシュが出演交渉中であると米バラエティ紙が報じた。



(記事全文はこちらのリンク先からどうぞ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130301-00000005-eiga-movi

なんだろう、この監督にこの女優さん、そして草案とか見てると
ハリウッド版のゴジラは物凄いハイソなものになるんじゃないかって気がしてきた…

でも、この監督の「モンスターズ」はモンスター映画でありながら
凄い映像が綺麗だなと思わせてくれる映画だったので、この人が作るゴジラには正直かなり興味がありますね
またも賛否両論にはなるでしょうが、今までと違う「ゴジラ」を見せてくれそうな気がします。
今回のかがみの主力武装は光学兵器、迎撃、攻撃のみならず下半身の防御までこなしたよ。


前回薬漬けにされて「働きたくない」「がんばりたくない」「死にたい」以外の声の出し方忘れた父ちゃんと
それを甲斐甲斐しくお世話する天使=ミっちゃんという構図で始まったか思えば
本編ではその娘であるささみが全力で引き籠っている始末、やっぱりお母さんがいないと皆駄目になっちゃうのね…

ていうか、前二回でお母さんが頑張りすぎた所為で色々と駄目になっちゃったんですけどね、お父さんとか特に。

そんな訳で今回はヒキコモリ(本人曰く立て籠もり)になったささみさんを邪神姉妹とお兄ちゃんが救いだし?
ついでにその原因もなんとかしましょうよ、とがんばる話です。

前半は、コメディ風味のバトル回ですね
前回はGPS機能ぐらいしか活躍できなかったかがみが、友人であるささみの引き籠りを止めさせる為に
妹のたま、ささみのお兄ちゃんと共に超弩級引き籠り防衛ミサイル要塞「天の岩戸」に挑みます。

天の岩戸って、もっとスピリチュアルなものだと思ってたんだけどな…

天の岩戸上空に3人でワープ、そしてささみの友人としての説得に失敗するとすぐに空戦モードで戦闘開始
「戦争も知らない引き籠りの浅知恵がーっ!」とか言い出します、久々のメイン回に本人もノリノリですね
攻略会議の時も「ぎゃー!!」「せ、先生のばか…」「ふにゃあ」とやりたい放題だったし。

しかし敵(ささみ)もさるもの、個体は砕けても液体は砕けまいとばかりに
弾頭の中に「服だけ溶かす液体」を入れかがみの動きを封じるという実に知能的な展開、いいぞもっとやれ
「このまま抵抗すれば全部脱がして謎の空飛ぶヌードルとしてプロデュースする!」というあまりに卑劣な脅迫に
流石のたまとお兄ちゃんも「かがみを脱がすなら私を脱がして!」と懇願するしかありません、いいぞもっとやれ。

そんな激戦の中、根の国に落とされていたつるぎが突然の黄泉還り
前回、母親と共に黄泉路を開く「雨の村雲」が黄泉に戻り、それを手にした事で脱出に成功したんでしょうかね
これで状況は逆転、ミサイルは正しい光渡しで無力化、突撃したたまによって天の岩戸は食われ、消滅します。

そして一同は引き籠っていたささみに対面するのですが…これは…気の毒に…
ささみはピザを食ってピザwww化しておりました、しかも「暖かくて、柔らかくて、しかも優しい」というレベル。


それを恥じて引き籠っていたというささみに、つるぎが「それはお前の母親が関係してる」と告げて
ささみの精神を過去に送り込んだところで、後半開始

精神体となったささみは、昔の母親=月読呪々(じゅじゅ)が外来の物の怪を退治したり
冒頭にも登場したミっちゃんと語らったり、病床のささみと交流する所
そしてささみの「お兄ちゃん」との含みのある会話を目にします
おにいちゃんとの会話は、前回呪々が言っていた事と齟齬がありますね、気になる所です。

それにしても、ささみやミっちゃんとの交流を見ると前回登場した母親とはまるで別人ですね
でも前々回に出ていた「お母さん」とはそれほど人物像が食い違っていない
「月読の巫女」という殻に包まれているか否かの差ですかね、こっちの方が本人の地なんでしょう。

そんな平穏な語らいの時に、幼少時のささみに憑りついて月読神社の結界を抜けた妖怪が乱入
しかもそいつは「本来の未来」という気になる言葉を吐いた揚句、目の前の呪々ではなくささみに対して語りかけ
傍観者だったささみを過去の世界に対する介入者として固定、自らをアラハバキの刺客である「玉藻の前」と名乗り
ささみに「過去を変えたくないか?」と語りかけるのであった…という所で次回に続きます。


前半コメディ、後半で過去話、かと思いきや最後の最後で急展開と忙しい回でしたね
前回で一段落ついたので今回はコメディ路線の休憩回かと思ったら、そんな事はありませんでした
今回始まった「アラハバキ」の流れで一気に最後まで持っていくんでしょうか?次回が気になる所です。


ささみさん@がんばらない 第8話


天の岩戸に籠った天照大神をアメノウヅメが一肌脱いておびき出す、って話が
ミサイル要塞・天の岩戸に向かった面々の服が融けていく、という話に変わるとは思わなかったのですよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。