ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンダイナムコゲームスは、PSP「HEROES’ VS」の初回封入特典プロダクトコードを使った追加特典として
「バトルドッジボール3」ダウンロード版の配信を開始した。

PlayStation Store のトップメニューにある「コード番号の入力」にてプロダクトコードを入力すると
期間限定で、PSP「バトルドッジボール3(DL版)」を2,800円(税込)で購入することができる。



(記事全文はこちらのリンク先からどうぞ)
http://www.gamer.ne.jp/news/201302260044/

ガンダムチームは、初代のアレックス、Zガンダム、F91からゴッド、W0、∀に変わってるのに
騎士ガンダムチームは初代と同じく騎士ガンダム、剣士Z、法術士νという
幻魔皇帝アサルトバスターとか邪獣エレメンタルラフレシアとか出してくれればいいのに。
スポンサーサイト
という訳で、ランスとボルボロスの相性の良さに驚いた
懐に入ってチクチク、鳴いてる隙にチクチク、泥落してる所にチクチク、突進と頭突きは安心しっかりガード
唯一怖いのは出がちょっと早くて変な角度で当たる事がある尻尾回転と踏み込み噛みつきぐらい


という訳で「接待ッ…!接待狩猟ッ…!」とか疑いを掛けてしまうぐらいにあっさりとボルボロス狩猟成功
回復薬どころか応急薬まで余り、更には普段なら到底狙えない様な部位破壊も狙って成功させる事が出来ました。

村下位なんだからそれが当たり前と言われればそれまでなんだけど
個人的には、ランスを使い始めてから初めての型に嵌った勝利だったなと満足しております。


あと、ボロスが倒れる時に弱った様子も見せない内にいきなり倒れたからびっくりした
普段の足引き摺って避難する一連の流れが無いまま、いきなりバターンと逝ったので
狩ったこっちも「終わりか!?これで終わりなのか!?   終わってしまった~~!!」状態
死因は外傷性ショックじゃなくて心臓麻痺とかそういうのかもしれない。


丁度いい弱さなのに、こいつで作成できる防具にはガード性能がついてるからしばらく乱獲させてもらおう
何時までも店売りのハンター防具なんて使っちゃいられないぜよ。

「ガラスの仮面」がDLE制作ギャグアニメに 美内先生絶句「おそろしいアニメ…!」

連載36年、マンガ単行本累計5000万部以上のあの名作マンガが、新たにテレビアニメ化される。
美内すずえさんの代表作『ガラスの仮面』である。2013年春の第50巻発売を控え
ファンから大きな関心を集めそうだ。

しかし、2度にわたるアニメ化、同じく2度のテレビドラマ化、舞台化と
これまでさまざまな展開をしてきた『ガラスの仮面』だが、今回はかなりの異色作となる。

タイトルは『ガラスの仮面』ならぬ『ガラスの仮面ですが』
制作は『秘密結社・鷹の爪』など数々のギャグアニメを生み出してきたDLEである。


(記事本文はこちらのリンク先からどうぞ)
http://animeanime.jp/article/2013/02/26/13117.html


同時期の放映が発表された「DD北斗の拳」と同じく、こちらも原作のパロディ・ギャグ
二度ある事は三度あるで、もう一発なんか来そうな気もする
「「しじょー」」


という訳でたかにゃ合流回、これでようやく全員集合ですね。

今回出てきた「たかにゃ」は、なんか凄く声が可愛いです
「しじょ?」「しじょしじょ」みたいに、短く区切るタイプの声がなんとも耳に心地よい

こりゃ個人的なぷちます一等賞決定かなと思ってたら
今回久々に登場したちひゃーの「ぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺ」も勝るとも劣らぬ可愛らしさでした
クソッ! なんてこった! どこを見ても可愛いのがいるぞ!

あと、携帯での会話だけという声だけ登場の場面でも
ちゃんと海老エフェクトを入れてもらえる律子はマジ海老ヒロイン、三重県伊勢市のマスガに選ばれる日も近いね。


ぷちます!-PETIT IDOLM@STER- 第41話


・『ロマサガ』の今後について


タイトルに“ロマンシング”をつけるというアイデアは
井上信行氏(元スクウェアのクリエイター)のものである、と河津氏。

そんな『ロマサガ』の今後について、ファンからは「4は!?」という質問が多数寄せられたが
河津氏は、現状言えることは「ないです」と回答。

伊藤氏が「お互い元気なうちに、何かやりたいですね」と言うと
「歳は関係ない。やるときはやる」という、頼もしい答えを返した。




(本文は、こちらのリンク先からどうぞ)
http://www.famitsu.com/news/201302/25029316.html


ハリウッド映画で、あからさまに次回作を匂わせる〆のものに対するインタビューでも
「(次回作について)現時点では言える事は無いよ」って応えるのと一緒ですね、確定しない内は口にしない
その実確定していたとしても、広報がそのタイミングであると判断するまでは口にしない、という。

エンペラーズサーガみたいに、モバゲーの方向で展開していくと明言されなくて良かったとも思える
RPGのモバゲーってのはどうも…完全なカードゲーになるのもアレだし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。