ネタに食いついたり無駄話したり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鄧艾「えっ 崖から転げ落ちるのって普通じゃないの?」

楽しんで登山してる内にあっさりと登頂してた、前回懸念してたひなたへのプレゼントも素直に渡せた
ここまで順調だと面白みがねえ!という事でハードな下山道を選んで降りてしまう二人
そしてその下山道途中の森で、謎の森ガールと遭遇し…というお話

行きは楽だったから帰りはちょっときついの行くか!というのはありがちなカオスの罠
下りは下手な登りよりも体力を消耗し、上がる際に一助となっていたテンションも下りではまさに「上がらない」
そしてそのテンションの低さから「あれ?もしかして疲れてんじゃね?」と気付くと一気に疲労感が襲ってくるという

そんな状況で出会った女子力高めの森ガールですが、こういうキャラが面倒臭い事をやった時に
素直に「面倒臭い子だ!」と言えてしまうのがあおいの魅力ですね、ストレートでよろしい。

挨拶の常識を見せたり、三種の神器を使った応急処置を熟したりと
百戦錬磨の山ガール(嘘)が森ガールに実力の違いを見せた所で、次回に続きます。


ヤマノススメ 第09話 「森の中で森ガール!?」



こりゃモモンガじゃねーぜ、ムササビだ
どうやって見分けるか?サイズがデカいのは、ムササビだ。
スポンサーサイト
今飛んだぞッ!確かに原作が一部吹き飛んだぞッ!ってぐらいに
一気に原作をすっ飛ばして始まったゲーム回、まさか2巻の内容を殆どすっ飛ばすとは思わなんだ。

たかにゃにはどうしてもゲームで勝てないあみまみが
ならば勝てる相手を選べばいい!とばかりに千早と遊び始めるんだけど
敗者に与えられる罰ゲームの内容を見た千早はだんだんと本気になっていき…という回

この一連のシナリオは結構巻いているのか、別々のネタを違和感無いように融合させて一気に消費してますね
今までも無かった訳じゃないけど、今回のはそれが顕著です。


ぷちます!-PETIT IDOLM@STER- 第43話 「か


こりゃアヒルじゃねーぜ、オオルリだ
どうやって見分けるか?クッ クッ って鳴くのは、オオルリだ。
「しょうゆみりんにんにくしょうがひとかけらひとばんじゅくせい」
なんという事でしょう、それは魔法の言葉だったのです。


今回はデラは肉体から変わり、チョイは服装から変わるという変身回で
たまこ、みどり、かんなの3人組の女子力?が光ります、史織さんは犠牲になったのだ…尺の犠牲にな…

もち蔵?あいつはいいんだよ女子じゃないんだから

かんなが作ってきたデラの巣箱で、デラが「その汚ねえケツをどけろ!」状態になったのを皮切りに
デラのダイエット→監視のためにチョイ初登校→チョイの制服初体験→チョイのコーデ開始という流れになります
前回は占いで商店街の人間と絡んだチョイが、今度はお着替えでたまこの友人達と絡んだわけですね。

そういう訳でチョイは制服、ジャージから始まり様々な服装をお披露目する事になった訳ですが
でも今回一番可愛かったシーンはくしゃみをした後にほんわか笑顔になる所です、異論は認め(ry

ちなみにチョイの「制服=皆が着るもの=仲間っぽい」という考え方は、外国ではよくある考え方だそうです。

もう一つの主軸であるデラのダイエットでは、とにもかくにも「かんな」が輝きまくり
「おがくずにしてやる…」「お前をぶつんだよ」などの名台詞や、魔法の呪文で寡黙Sっぷりをキャラ性に加え
デラとの軽快なやり取りで、ギャグのテンポ構成のメインを務めていました

今回はかんなのノリに引っ張られたのか、それともギャグの主軸となるのがデラだった為か
ギャグの部分にキャラに対する為の遠慮のような部分が少なかったのが良かったですね
こういう「弄って良いキャラ」というのは、ギャグアニメでは大事なファクターだと思います。

チョイのコーディネイトという名の友達作りは見事に成功し、チョイもたまこの学校の輪に加わりました
制服=同じ服装だから仲間、と考えていたチョイが、その仲間から贈られた別の服を手にして
友達には服装とか関係ないって気付くのは良いシーンです、某携帯会社のCMを思い出しました。

デラのダイエットは「なに!それは本当かね!それは…気の毒に…」というか「全然変化っちゃってる!!」というか
「下半身だけ世界一の女」を思い出しました、次回では元に戻ってるといいなあw

そして、いつも通りに最後の最後で嫁探しが少し進行して次回に続きます。


たまこまーけっと 第08話



今回は、なんかカメラワークが特徴的な回でしたね
あの俯瞰の映像や、要所での角度、水面での反射を利用したカメラワークなどなんか色々入れてみましたって感じ
マスターの音楽を使った間の取り方とか、作る側が「いろいろやろうぜ」ってノリだったんでしょうか。
一瞬の表情で訴える、そんなアニメそれがGJ部、たまらんね。

本物の妹と偽物の妹がくんずほぐれつしたり、キョロが水着や浴衣の森さんをまわしてたら
その復讐として女性陣にまわされちゃったりする回、ありがとうございますありがとうございます。

タイトルからすると妹回っぽいが、全体の比重は部長寄り
「まーちゃん」という可愛い愛称にキョドってしまう所から始まり、それ以降も妹ネタで押しまくります
前々回の「妹が4人いる!」でもそうだったし、妹回での部長のこれはポジ確なんでしょうね

コロコロと変わる表情の可愛らしさもさる事ながら、お得意のかみわざ、今回初公開のツインテール攻撃などで
地味に動きもやってみせます、今回サブタイの『アタック』って部長の事だったんですね!

もちろんタイトルに違わず、妹キャラ達も再登場して存在感を見せつけます。

ブラコン御用達の疑いの深さから他の妹キャラ登場への橋渡しなどの基本的な役目をこなしつつ
「がぶり」ならぬ「かぷり」で一気に見せ場を持っていった恐るべき妹、霞

その霞曰く「目が碧いの!金髪なの!すっごく可愛いの!」なジルは、前回と同じく日本語は話せない設定ながら
そこにホワイトボード会話属性をくっつけて再登場します、いつか「知ってるが(ry」と書かれるだろうなあこれ

そして今回もクルクルするのが役目の森さん、いつものメイド服姿と違う
水着でパレオをふわりとたなびかせたり、浴衣の袖を舞わせるなどの衣装による回転の違いを見せます
流石はキョロの視線を一手に惹きつける大人の女性、ただものじゃないですね。

あれ?一人妹じゃない気がするぞ?

あと、今回は水着回&浴衣回だったんですが、そのコスを重視して回を組み立てるのではなく
ネタの一環として衣装が変わってるだけという、キルミーベイベーの様なタイプでした
GJ部の様なアニメには、モロに色気を出すよりもそういう方があってるのかもしれません。

妹と部長、そして森さん以外のキャラは今回大幅に出番が減らされましたが
抱きついてた霞が離れた時に寂しそうな表情する綺羅々、スカートパタパタする恵などは
一瞬の表情でキチッと印象付けに成功してました、紫音とたまの出番は次回に期待という所でしょうね。


GJ部 第08話


今回の天使ゾーンは間違いなくここだ!と思ってたけど
Cパートの妹からのメールをスルーしたキョロに「ちゃんと妹の心配しとけ」と陰ながら諭し
そして実際大した用事じゃなかったというキョロに「そうか」と笑顔を見せる部長が天使過ぎました
「妹」ネタで本編攻めまくっておいて、最後のCパートでは「姉」として〆る、こういう所が素晴らしいですね。
あれから砂漠のボルボロス一家をチクチクと狩りまくり、12匹狩った所でようやくボロス防具一式完成!
他のパーツは7匹ぐらいで揃ったんだけど、足に必要な竜骨(大)が出ないのなんの 
クエスト報酬画面に骨が3つあって今度こそと期待してみれば、並んでたのは(中)(中)(小)とか
無駄に期待を煽らないで下さいよと、(中)は一つに纏めておきなさいよと、というか(小)なんかいらないよ!と。

そんな苦労の末に完成したボロス一式で、スキルはハンター生活&探知からガ性+1に攻防うp(小)に変更
防御力も無改造ハンター防具の30から、上鎧玉まで強化したボロ防具で143と大幅にパワーアップ
見た目は…なんか雨が降ると肩とか頭の部分に水が溜まりそうな見た目になったけど
とりあえず重装のランサーっぽくなったから、まあいいかな。

と、ここだけを見れば良いこと尽くめなんですが
今まで作った事が無いから知らなかったけど、この装備マイナススキルで「はらへり倍加(小)」が発動するんですね
しかも、それを打ち消す為の装飾品に必要な素材の一つが「竜骨(大)」という始末…

流石にまた竜骨(大)争奪・砂漠のボルボロマラソンを再開する元気は無かったので
「はらへり倍加でも(小)なら大丈夫かな、このままレイアまで進めてレイアで竜骨取ればいいや」と楽観視
そのレイアクエストに到達する為に、キークエであるチャナガブル狩猟に行ってきたんですが

これのどこが(小)だ! 

チャナガブル自体は、ランスが元々得意な水中戦がメインな上に
チャナが怖い理由であると思われる、トゲトゲ横転がりなどの「狭い場所での広範囲攻撃」が
ランスのガード性能のおかげでまるで通用せず、実に危なげなく進める事が出来たんですが
如何にせん腹が減り過ぎです、まさか(小)の時点で通常のほぼ倍というハイペースだとは思わなかった!
はらへり倍加(大)とかになった日には、クエスト開始と同時に飢え死にしてるんじゃないのか…

しかも、水中ではこんがり肉が食えないという事をうっかり忘れてた為に
後半は水中でのスタミナ回復が出来ず、その動揺からガードが甘くなって危なく1オチしかけるという始末

今回の敵は、チャナガブルではなく飢えだった!という有様を前に
こりゃレイアまで我慢とか言ってる場合じゃないな…と、あっさり方向転換させられました
ユニフォームを一旦ハンター装備に戻し、第二回・砂漠のボルボロマラソン開催決定です。

「おなかが減ってくると、なぜだか涙が出てくるね」
 
真紅の稲妻の搭乗機「MS-06S ザクII ジョニー・ライデン専用機」がMG Ver.2.0で登場


バンダイは、MG「MS-06S ザクII ジョニー・ライデン専用機」を2013年5月に発売します。

「MS-06S ザクII ジョニー・ライデン専用機」は
現在「ガンダムエース」(角川書店)で連載中の 「機動戦士ガンダム MSV-R」に登場するモビルスーツです

「真紅の稲妻」と呼ばれたエースパイロット、ジョニー・ライデン大尉の乗機で
全身がパーソナルカラーの赤でカラーリングされ、シールド部などには特徴的なマーキングが施されています。



(記事本文はこちらのリンク先からどうぞ)
http://www.inside-games.jp/article/2013/02/27/64251.html

リンク先の画像だとザクマシンガン持ちなんだけど、やっぱりジョニー機といったらバズーカな印象
ギレンの野望では、ザクFでバズーカ、高機動型ザクでジャイアントバズ、高機動ゲルググではロケランと
専用機にはとにもかくバズーカという、バズーカ祭りなパイロットだったし。

ジオン独立戦争記に登場した専用ゲルググはロケランじゃなくてビームライフルだったけど
あれはそもそも高機動型ゲルググがなぜかビームライフルをメイン武器に、という謎ゲーだったので割愛。

記事タイトルの台詞も、ギレンの野望初代でのジョニーとマツナガの

ジョニー「お互い有名で困るよな!」
マツナガ「は?w」

なやり取りの一文だったりするんですが、今じゃすっかり立場逆転してしまいましたね。
俺も名刺の肩書きに「ラーメン三銃士」って書きたいわ。

という訳で、今回は泣き虫たかにゃの飼い主確定回
泣き虫弱虫ぷちますたかにゃは、あみまみの手中に収まりました。

たかにゃが泣きだすまでに、ちょっと間を持たせる事でその感情の推移を入れられる
こういう所は、4コマではと違って尺と動きが取れるアニメの強みが出ます。

「いや、アニメの尺無い(本編約一分)だろ!」と言われたら言い返せないんですがw


そういえば、サブタイが「らあめんだいすき」なのに本編中にラーメンの麺の一本も描写されてなかった
あのラーメンひっくり返して泣いてる所は、描写的なものも考えて丸ごとカットなのかも。


ぷちます!-PETIT IDOLM@STER- 42


ほろほろ鳥はキジの味、その野趣溢れる風味でありながら、気になる癖が少ない上に肉質も柔らかく
海外じゃ「ニワトリなんて目じゃないぜー!」と高評価を受けているそうです。
『マンションパーカッション』
壁ドン→ストレス発散→音楽になる ― まさかのゲームオーバーなし


ポイソフトは、ニンテンドー3DSダウンロードソフト『マンションパーカッション』の最新情報を公開しました。

『マンションパーカッション』は
『ひゅ~ストン』『タケヤリマン』『夜の魔人といくさの国』を手がけてきた
ポイソフトによる3DSダウンロードソフト最新作です。

マンションの一室を舞台に、大声や壁ドンといった騒音で音楽が奏でられていきます。

本作の目標は、ストレスを発散してスッキリすること。基本はとにかく「壁を叩く!」「大声を出す!」ことです。


(記事全文はこちらのリンク先からどうぞ)
http://www.inside-games.jp/article/2013/02/27/64241.html


作業中にエラーを起こしてブルスクになったPCをガンガン殴ってぶっ壊せ!っていうflashゲームを思い出した
あと「部屋ごとに聞こえてくる隣室の音が変わる」で、夜の部屋では隣室からハートの音が聞こえてくるって…

   |                   \
   |  ('A`)           ギシギシ
  / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄        アンアン/
バンダイナムコゲームスは、PSP「HEROES’ VS」の初回封入特典プロダクトコードを使った追加特典として
「バトルドッジボール3」ダウンロード版の配信を開始した。

PlayStation Store のトップメニューにある「コード番号の入力」にてプロダクトコードを入力すると
期間限定で、PSP「バトルドッジボール3(DL版)」を2,800円(税込)で購入することができる。



(記事全文はこちらのリンク先からどうぞ)
http://www.gamer.ne.jp/news/201302260044/

ガンダムチームは、初代のアレックス、Zガンダム、F91からゴッド、W0、∀に変わってるのに
騎士ガンダムチームは初代と同じく騎士ガンダム、剣士Z、法術士νという
幻魔皇帝アサルトバスターとか邪獣エレメンタルラフレシアとか出してくれればいいのに。
という訳で、ランスとボルボロスの相性の良さに驚いた
懐に入ってチクチク、鳴いてる隙にチクチク、泥落してる所にチクチク、突進と頭突きは安心しっかりガード
唯一怖いのは出がちょっと早くて変な角度で当たる事がある尻尾回転と踏み込み噛みつきぐらい


という訳で「接待ッ…!接待狩猟ッ…!」とか疑いを掛けてしまうぐらいにあっさりとボルボロス狩猟成功
回復薬どころか応急薬まで余り、更には普段なら到底狙えない様な部位破壊も狙って成功させる事が出来ました。

村下位なんだからそれが当たり前と言われればそれまでなんだけど
個人的には、ランスを使い始めてから初めての型に嵌った勝利だったなと満足しております。


あと、ボロスが倒れる時に弱った様子も見せない内にいきなり倒れたからびっくりした
普段の足引き摺って避難する一連の流れが無いまま、いきなりバターンと逝ったので
狩ったこっちも「終わりか!?これで終わりなのか!?   終わってしまった~~!!」状態
死因は外傷性ショックじゃなくて心臓麻痺とかそういうのかもしれない。


丁度いい弱さなのに、こいつで作成できる防具にはガード性能がついてるからしばらく乱獲させてもらおう
何時までも店売りのハンター防具なんて使っちゃいられないぜよ。

「ガラスの仮面」がDLE制作ギャグアニメに 美内先生絶句「おそろしいアニメ…!」

連載36年、マンガ単行本累計5000万部以上のあの名作マンガが、新たにテレビアニメ化される。
美内すずえさんの代表作『ガラスの仮面』である。2013年春の第50巻発売を控え
ファンから大きな関心を集めそうだ。

しかし、2度にわたるアニメ化、同じく2度のテレビドラマ化、舞台化と
これまでさまざまな展開をしてきた『ガラスの仮面』だが、今回はかなりの異色作となる。

タイトルは『ガラスの仮面』ならぬ『ガラスの仮面ですが』
制作は『秘密結社・鷹の爪』など数々のギャグアニメを生み出してきたDLEである。


(記事本文はこちらのリンク先からどうぞ)
http://animeanime.jp/article/2013/02/26/13117.html


同時期の放映が発表された「DD北斗の拳」と同じく、こちらも原作のパロディ・ギャグ
二度ある事は三度あるで、もう一発なんか来そうな気もする
「「しじょー」」


という訳でたかにゃ合流回、これでようやく全員集合ですね。

今回出てきた「たかにゃ」は、なんか凄く声が可愛いです
「しじょ?」「しじょしじょ」みたいに、短く区切るタイプの声がなんとも耳に心地よい

こりゃ個人的なぷちます一等賞決定かなと思ってたら
今回久々に登場したちひゃーの「ぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺ」も勝るとも劣らぬ可愛らしさでした
クソッ! なんてこった! どこを見ても可愛いのがいるぞ!

あと、携帯での会話だけという声だけ登場の場面でも
ちゃんと海老エフェクトを入れてもらえる律子はマジ海老ヒロイン、三重県伊勢市のマスガに選ばれる日も近いね。


ぷちます!-PETIT IDOLM@STER- 第41話


・『ロマサガ』の今後について


タイトルに“ロマンシング”をつけるというアイデアは
井上信行氏(元スクウェアのクリエイター)のものである、と河津氏。

そんな『ロマサガ』の今後について、ファンからは「4は!?」という質問が多数寄せられたが
河津氏は、現状言えることは「ないです」と回答。

伊藤氏が「お互い元気なうちに、何かやりたいですね」と言うと
「歳は関係ない。やるときはやる」という、頼もしい答えを返した。




(本文は、こちらのリンク先からどうぞ)
http://www.famitsu.com/news/201302/25029316.html


ハリウッド映画で、あからさまに次回作を匂わせる〆のものに対するインタビューでも
「(次回作について)現時点では言える事は無いよ」って応えるのと一緒ですね、確定しない内は口にしない
その実確定していたとしても、広報がそのタイミングであると判断するまでは口にしない、という。

エンペラーズサーガみたいに、モバゲーの方向で展開していくと明言されなくて良かったとも思える
RPGのモバゲーってのはどうも…完全なカードゲーになるのもアレだし。
『真・女神転生IV』フィールドやキャラクターイベントなどムービーを多数公開

アトラスは、ニンテンドー3DSソフト『真・女神転生IV』の最新情報を公開しました。

『真・女神転生IV』は、およそ10年ぶりとなる人気RPGシリーズ『真・女神転生』のナンバリング最新作です
主人公は「東のミカド国」に住む18歳の少年、「悪魔合体」などシリーズおなじみのシステムも登場します。



(記事本文にはこちらのリンク先からどうぞ)
http://www.inside-games.jp/article/2013/02/25/64183.html


(ゲーム『真女神転生Ⅳ』公式サイトはこちらのリンク先です)
http://megaten4.jp/#


こんな短いムービーからも思いっきり臭ってくる、イサカルの死臭が凄い
この直後にいきなり死んだとしても別に不思議には思わないわ、声と表情と台詞の全てが死にフラグっぽい
真女神転生で言うならレッド・ベアー、うたわれるものでいうならヌワンギぐらいの勢いで死にそう。
ペッコどころかアシラにすら苦戦しているようではこの先生きのこれないぞ!という訳で
前回戦った3匹の中でも一番苦手なクルペッコ相手に只管ランスで挑みかかるという鳥串風味の練習をした結果
ほんの少しだけ、ランスの扱いに慣れてきたような気がしなくもない。

やっぱり基本は「まだ行けると思ったら、もう止めろ」なんですかね
つい手を出してた所を自重するだけで、被弾率が大幅に下がり
トータルでの討伐時間と回復薬の削減に成功しました。

あと、ようやくカウンター突きのやり方と便利さに気が付きました
ハンターノートぐらい読んどけって話ですね、すいません。

そんな練習と発見の甲斐あってか、
ロアルドロスは1回もオチる事無く、回復薬も5つ残しというスコアで狩猟成功
ドスジャギィの前に膝を屈し、一匹のルドロスに体力4割近く持っていかれたあの日々からは考えられません
というか水中戦でのランスの強さにびっくりです、水中戦艦並みの堅さとパワーじゃないか…

今回の対ロアルドロスは、そのランスの水中戦性能による部分が大きかったのだと思います
あれ?という事は俺の腕は上がってないんじゃね?そもそも狂走突進に2回も轢かれるとかありえなくね?

そんな事実を前に軽く自信喪失した所で、次の狩猟目的は土砂竜ボルボロスです
こいつ嫌いなんですよね、なんかむやみやたらにタフで、あと尻尾が珍味って所もなんか嫌。

「DD北斗の拳」 あの名作が正統派コメディーになって4月2日深夜放送開始

人気マンガの『北斗の拳』が、新しいかたちになってテレビに帰って来る
『DD北斗の拳』が4月2日よりテレビ東京系列で放送開始、毎週火曜日の25時40分からのオンエアとなる。

本作は『北斗の拳』といってもこれまでの作品と少し違う
お馴染みのキャラクターは2頭身となり、ストリーリーはコミカルギャグとなる。

ギャグアニメで定評のある大地丙太郎さんが監督を担当する
『ギャグマンガ日和』などで鳴らしたハイテンションギャグに期待がかかる。


(記事本文はこちらからどうぞ)
http://animeanime.jp/article/2013/02/25/13109.html

原哲夫さんの「本来描きたいものはギャグだった」発言にマジかよって感じがしますが
実際「北斗の拳、究極解説書2」のインタビューでは「武論尊さんがシリアスで、僕(原)がギャグ担当」
「よくネタにされてたけど、描いてる僕もギャグのつもりで書いてる」など、前々から言っていた事だったりします。

「DD北斗の拳」のハイテンションはコミカル・ギャグは
「ぱっぴっぷっぺっぽぉっ!」「とめった!」などの、バイオレンス・ギャグを超える事が出来るのか!
「口の中ででんぐり舞を踊ってるわ!」という事で、ちびき正式加入編
サブタイ「やっとだぞ」でこれでたかにゃが登場して全部揃うかと思いきや
やっと出てきたのはたかにゃじゃなくてスペパププだったというオチ、原作通りとはいえ引っ張りすぎだよ!

ぷちます!のいおりは、ロケから踊り食いからと全くもって碌な目に遭わないけど
釘宮キャラはキルミーベイベーからそんな感じだから大丈夫だよ!それでいいよ!なんだこの扱いー!

響の「ごはんを食べちゃったりするけど」発言で
漫画「キックの鬼 沢村忠」で、キックボクシングがまだ日本に定着せず、収入が少なかった沢村忠が
「犬よりも人間優先です、なんせ朝から何も食べてませんから」と言って犬の餌を食うシーンを思い出しました

今日 はらへったの いぬ のえさ くう



ぷちます!-PETIT IDOLM@STER- 第40話


「スペパププ」が架空の生き物である事に、検索するまで気が付かなかった人がここに一人
ブラジルあたりなら居てもおかしくないような名前だからすっかり騙されたよ。

アメリカの人が作ったスーパーマリオ3のムービーが凄いというネタがあったので見てみたんですが






ちょっと凄すぎた
こういうのを発想して、実際にこのクオリティで作ってしまうって所が凄い
アメリカのオタクって、こういう部分でバイタリティを見せつけるから侮れないわ。
B級ならぬZ級!?最低最悪映画が2本連続公開 


伝説的にくだらない映画を量産し、カルト映画ファンにはお馴染みとなっている製作会社
『トロマ・エンターテイメント』をご存知だろうか?

あのロジャー・コーマンと並ぶインディペンデント映画の巨人ロイド・カウフマン監督率いるこの会社は
1970年代から“B級”を超えた“Z級”とも呼べる、突っ込みどころ満載な作品を生み出し続けており
世界中で絶大な支持を集めているのだ。

そんなトロマ社の代表作である『悪魔の毒々モンスター』(84)と
目下の最新作『チキン・オブ・ザ・デッド 悪魔の毒々バリューセット』(08)の2本が
「トロマの逆襲2013」と題され3月2日(土)より新宿武蔵野館で連続公開される。


(記事本文はこちらのリンク先にありますが、一部グロ画像があるので苦手な人は注意)
http://news.walkerplus.com/article/34716/

エロ、グロ、ナンセンスの3拍子揃えたオバカ映画製作「トロマ・エンターテイメント」
しかし、記事中にあるとおりに「ツッコむのが楽しい」「その3拍子が揃ってればいいんじゃね?」という
トロマ・ファンもまた多いんです、B級映画のファンならば外せない会社ですね


dokudokupuraton1.jpg


初見の人には、この「悪魔の毒々プラトーン」もおススメ
トロマ映画の中でも評価が高く、日本でもDVD化されました、品揃えが良いレンタルショップには置いてあるかも

トロマは気前のいい監督で、自分の撮った映画の多くをYoutubeで無料公開しており
その中にはこのプラトーンもあるんですが、残念ながら原語版のみ(日本語吹き替え、字幕無し)
日本向けという事を考えていないので当然なんですが、残念。
愛衣「チャンスチャンス!今ラブチャンス!!」
ちょっと待って!それは風紀委員じゃなくて風紀委員長の台詞だ!

今回もピンクの娘の話、恋愛のおまじないの効果と真涼の奸計が合わさった結果
千和&カオル、鋭太&愛衣の組み合わせで映画館ダブルデートをする事になったというお話。

真涼「鋭太君に惚れさせて、メロメロになった冬海愛衣を意のままに動く肉人形にするのです!」
大丈夫!たまに勝手に走り出すけどもうとっくに肉人形(寸前)だよ!

その発言をした真涼も、今回は冒頭で可愛い面を見せたり
映画館で何気なく「自分の彼女も自分で決められないなんて最低最悪、秀堂鋭太!」と意味深なコメントをしたりと
今回は自分のストーリーに絡むような場面を見せます、ついでにいつも通り中二病ノートも読みます。

今回の中二病ノートの内容は、色白エンジェル・田中好恵(風紀委員)が
惚れちゃいけない俺に恋をしてしまったようだ…という相変わらずの痛い内容
しかも、その展開は実際に「目撃」したシチュエーションを元にして描いたもののようで
目撃当時につい取ってしまったリアクションと合わせて、あまりにも痛々しさに今回も悶絶ものです。

「うぉー!いくぞこらー! 燃えろ俺のドラゴ(ry   …フッ 安心しな、敵は俺が始末した」
これをクラスメイトの前でやっておきながら、その後も普通に登校できる心の強さがハーレム主人公の秘訣
この方向でLv上げると、その内に耳が遠くなってきて「え?聞こえなかった」とか日常的に言い出すようになるよ。

一時期前線から離れた事でLvが下がってしまった鋭太は、今回も もんぜつ に なってしまった!
が、それを見た千和は「だんだん慣れたよ? えーくん、部室じゃないんだから静かにして!」と場を弁えた対処
そりゃ慣れるよね、放送当初から欠かさずやってるんだもの。

そんな千和は、今回ダブルデートの片割れとして参加し、要所要所で竹刀を振って愛衣の邪魔したり
「幼馴染」である事を意識させたりする、愛衣に対するカウンターポジションの役目です。

そして今回もメインキャラを張る愛衣は、恋のおまじないに始まり
「今ラブチャンス!」、デートの為のおめかし&それを可愛いと褒められての「お外走ってくるー!」など
今回も存分にヒロイン力を発揮し、他のキャラを一気に突き放しに掛かります、正に突っ走ってます。

今回のメインの場面である、上映映画の場面に当てはめて内面を吐露するシーンでは
千和の「幼馴染の絆の方が強い!付き合いの長さも深さも幼馴染の方が凄いんだから!」という言葉に対して
愛衣は「幼馴染すらになれなかった子の気持ちが判る訳が無いわ!」と、涙ながらに言い放ちます
この部分は、前回、そして今回にもあった愛衣の「幼稚園の頃の話」に繋がるんでしょうね。

今回はそのシーンで〆となり、次回の話は今回話が出た花火大会の話
そして愛衣が、ダビスタの新馬戦に出てくる三冠馬の様な勢いで、更に後続を突き放すようです
「大外走ってくるー!」


俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 8


姫香の本編での出番なんて今回ここだけだったよ!
他の3人どころか、映画の中に出てきたちな(cv赤崎千夏)とあみ(cv茅野愛衣)よりも出番少なかったよ!




保坂メインの保坂の為の回、略してほさかい
なんか回を追う毎に保坂と速水が近づいていく気がする…


前半は保坂メインのバーベキュー話(ただしバーベキューには保坂参加せず)と
後半は野菜のミュージカルと、放送倫理について考えさせられる話の二本立て。

まずは保坂の「家族の団欒にはカレー」という妄想から始まり
話は同じく家族の団欒には欠かせないバーベキューへ

バーベキューには愉快な仲間達(と泡立つ金の飲み物)が必要だという速水の意見を受け
保坂はいつもの面子に声を掛けるも「別のバーベキューに参加するから」と断られ
おまけに速水に弁当も食われ、一人寂しくエアバーベキューという始末、俺(保坂)は友達が少ない


泡立つ金の飲み物?あぁそれはキリンの泡(芳醇アップル)だよ
http://www.beverage.co.jp/awa/


それから場面は南家主催の「別のバーベキュー」に
千秋にまず野菜を食べさせようという春香の考えから、野菜メインというローギアからのスタートとなるが
そこは積みの達人である南ナツキの腕の見せ所、下がったテンションを肉の旨味で一気に上げて
そこから焼きそばというボリュームのある一品での〆という盤石のプラン、さらにサプライズの焼き芋まで用意と
その如才の無さを存分に発揮、これには流石の千秋も文句のつけようも無かった!
これぞ正に火の神の仕事ですね。

ちなみに、保坂のエアバーベキューからバーベキュー話の間中ずっと「BBQの歌」という挿入歌が掛かりっ放し
そのスペイン風な曲調で、キルビルvol2を思い出しました。


後半は「見ると野菜が食べたくなる」というアレっぽい番組が
その実は催眠術番組と言う本当にアレな番組で、催眠に掛かった周囲の皆が野菜好きになってしまったという話
千秋から始まり、保坂、マキ、アツコ、ナツキ、ヒトミとことごとく壊れます、速水逃げて!あなたが最後の希望だ!

高校での一悶着の後、スーパーで邂逅した「カレーの妖精」保坂と千秋の意気投合からの
再びの劇中挿入歌「レッツお野菜」でのミュージカルが開幕。

一しきり歌った後で試食のウィンナーに手を出した所
口中に広がる肉汁、肉の旨味を思い出してようやく催眠が解けました、めでたしめでたし。

となる筈が、実はもう一人催眠の影響を受けていた人がいた様で…そして保坂はやはり気持ち悪い…という所で〆


バイエルンは美味すぎるから催眠が解けても当たり前だね!茹でたバイエルンは袋入りソーセージ界最強です
パンにも合うけど、飯のおかずにも合うんだこれが。


今回は、前後編で劇中挿入歌二連発という贅沢な回でしたが
「レッツお野菜」はネタに絡まないオンリー状態だったりと、評価は分かれる所かもしれません
後半のネタがしつこくなり過ぎない様に、間の調整の意味合いでそうなったのかもしれないのですけどね。


みなみけ ただいま8



お前、閃光のハサウェイに出てきたハイジャッカーじゃね?
タミヤの『ミニ四駆』とグッドスマイルカンパニーの『ねんどろいどぷち』のコラボシリーズ第3弾に
『とある科学の超電磁砲 S』のキャラクター「御坂美琴」が登場した。

 


de1d4f8659c3878bd6d9a66d903015d3.jpg





(記事本文はこちら)
http://response.jp/article/2013/02/22/191977.html

(商品の詳細はこちら)
http://www.goodsmile.info/product/ja/3841/  



次は白井黒子のが出るね、レースが始まると同時にゴール地点にテレポート
もしくは絶対等速、一旦走り始めたら壊れるまでひたすら直進。
アーアーアーアアアーアアー♪ アアアーアアアーアアー♪

3月2日からエピソード6の上映がスタートする『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』
エピソード1で主人公バナージが、ガンダムのコクピットでつぶやいたセリフ
「私のたった一つの望み、可能性の獣、希望の象徴...」というセリフを覚えているでしょうか?

その元ネタとなっている芸術作品「貴婦人と一角獣」の実物が
東京・国立新美術館と大阪・国立国際美術館で展示されることになりました。




(記事全文と、貴婦人と一角獣の画像はリンク先からどうぞ)
http://news.ameba.jp/20130220-451/


ユニコーンと言うと、角に宿る癒しの力と「処女にしか心を開かない」という話で有名ですが
当初は「処女以外の人間はその角で突き殺す」という害獣、怪物だったそうです。

そんな起床とは裏腹の美しい姿から様々なモチーフなどに使われるようになり
そしてだんだんとそういう「陰」の部分が薄れていったんでしょうね。
ガチャピンの先祖は恐竜の「剣竜類」だった?―。

福井県立恐竜博物館が22日
子ども番組の人気キャラクター「ガチャピン」のルーツに関する〝研究成果〟を発表した。

「何の子孫か知りたい」
子どもたちのそんな好奇心に答えようと、専門家が大まじめに調査に取り組んだ。


(記事全文と、ガチャピンのルーツと、驚愕の写真はこちらのリンク先からどうぞ)
http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2013/02/22gachapin/



「判らないわ! そんなはず… 無いわ そんなの(骨格図) 判りたくないわよ!」
2006年、フライト中の飛行機内で繰り広げられる数千匹ものヘビと乗客との戦いを描いた
『スネーク・フライト』(06)が公開されて話題になった。

間もなく公開される『ゴースト・フライト407便』(2月23日公開)はそれを上回りそうな一本だ
何とカンヌ国際映画祭での3D上映も決定しているという、タイ発の絶叫系パニックホラーなのだ。


(記事全文はこちらのリンク先からどうぞ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130223-00000015-mvwalk-movi


スネーク・フライトは、飛行機ネタなどで時折出てくることはあっても
「ゾンビが、ジャンボをジャックする!!」なゾンビ映画である「デッドフライト」が出てきた試しが無いのは
やはり知名度の差なんでしょうね、スネークの方は「2006年、ヘビがジャンボをジャックする!」で
ゾンビの方は「高空10000m、迷惑客が大暴れ!」と、キャッチコピーのノリでも負けてるし。

でも、じゃあ映画として面白くないのか?と言われればそんな事は無いので
ゾンビ・ゴア・ホラー映画に嫌悪感が無い、もしくは好きだという人にはオススメです
全体のテンポもよく、アクション映画の様なノリで楽しめますよ。

ちなみにこの「ゴースト・フライト407便」のキャッチコピーは
「空飛ぶお化け屋敷、あなたも乗りませんか?」だそうです、なんかディ○ニー・ピク○ーっぽいなw
話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」
今回は、えのきづさんの4コママンガが原作の「琴浦さん」です。
フライングドッグの吉田博プロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

--今後のみどころを教えてください。

シリーズ中盤は楽しいギャグ系のお話中心に描いてきましたが
後半は、別の作品になったんじゃないか?と思うくらいの一波乱ある展開が待っています。

ちょっとシリアスめな展開もありますが、ESP研のメンバーおのおのが抱えている問題や思い、思惑も絡んできて
クライマックスへ向けて、それぞれキャラクターが活躍する見せ場もありますので
ドラマチックな展開を楽しんでいただければと思います。


(インタビュー全文はこちらのリンク先からどうぞ)
http://mantan-web.jp/2013/02/23/20130222dog00m200004000c.html


最近のあまりにも平和すぎる流れは、やっぱりシナリオを引きたてる「持ち上げて、落とす」の上げ期だったのか…
でも、アニメというものは「シリアスだから」「ほのぼのだから」ではなく、やはり「面白かったら」が一番な訳で
これからどういう話の展開になり、そしてどういう風に収まってくれるのか、楽しみにしています。
前にモンハン3Gで初体験のランスでやってみるという話をした時に
「クルペッコも越えられないかも」と言いましたがなんのなんの、クルペッコを狩猟する事に成功しました。


2回ばかり3オチしたけどね(しかも村ペッコ)


現在の戦歴

ドスジャギィ ―1オチ後に狩猟成功
アオアシラ  ―1オチ後に狩猟成功、応急薬どころか回復薬まで飲み尽くす
クルペッコ  ―2回3オチした後に1オチの状況でなんとか狩猟成功、回復薬は飲み尽くし、グレートにも手を出す

腹ペコジョーまで狩猟してたこの俺が、このザマかよ、くひひひひひ
面白ぇなあこのモンハン3Gは、たまらんな
新しいフロアマスターとの対面から始まり、飛鳥が「私が町長です」な目に遭ったり
お風呂の中で「自分は鼠以下なんじゃないか?」と考えたり
実は自分の周りには変態が多かったという現実に気付く話、つまりはお風呂回ですね(強引に要約)



まずは、今回の火竜誕生祭のホストでもある北の新しいフロアマスター「サンドラ」との対面
サンドラはノーネームの面々とはかなり親しかったようで、お付きの者がいなくなると友達に戻るタイプ

同時に登場したサンドラの兄「マンドラ」は妹と違い、権威の無いノーネーム達には厳しい対応で
ここらはお馴染みの対比の構図ですね、あとマユゲが凄すぎる、あれじゃマユゲ誕生祭だよ。

今回は、火竜誕生祭にノーネームが呼ばれた理由が
違うコミュニティと連携している可能性があるという厄介な魔王に対する協力依頼だったり
前回飛鳥が追いかけていった精霊を飛鳥が仲良くなり、精霊の所属コミュニティが明らかになったり
その精霊と一緒に入った洞窟の中で大量の鼠に襲われ、なぜかギフトが通用しない鼠たち相手に大立ち回りしたり
レティシアがどちらのニーズにも応えられる親切設計な事が判明したりと色々な事がありますが

悲しいけど、これってお風呂回なのよね

お風呂では、当初こそ飛鳥が制約の多い自分のギフトや、自分の立ち位置について悩んだりしていましたが
白夜叉(新井)さんが白夜叉(新井)さんらしく生き始めた辺りで、通常のお風呂回モードに移行

「どういう了見じゃイヤッホーウ!」に始まり「指と指の間に瑞々しい少女おぶえあ」で終わる
こういう演技では新井里美はやはり他の追随を許さないものがあるなと再認識、最後の入水の部分とかも凄い
十六夜(浅沼 晋太郎)も直後に似たようなシーンを展開しますが、残念ながらやはり及ばぬ…

そして入浴後は作戦会議、黒兎にどんなエロ衣装を着せるかという熱い(バカ)議題から端を発し
続く真剣な話では、明日ノーネームと戦う事になるであろうコミュニティの名が明らかに
そのコミュニティ「ラッテンフェンガー(鼠取り)」が、過去に魔王に使えていたコミュニティである
「ハーメルンの笛吹き」や、今回飛鳥を鼠で襲った人物に関係があるのではないか

そして、その「ラッテンフェンガー」という名前、それは精霊が自分の所属コミュニティとして名乗った名前
なら、この精霊はもしかして魔王の配下なのではないか…となった所で、次回に続く


それにしても地味に情報量が多いアニメです、お風呂回だからと言って手加減はないですね
お風呂部分の飛鳥も、語りと絵柄の両面で手加減はありませんでした
「私は大立ち回りが出来ない…」って、今までの出番の大半が大立ち回りじゃないですかー!となったり
入るだけで傷が塞がるお風呂とかウォンテッドかよ!と思ったり
白夜叉に上下スクロールされた飛鳥が黒ウサギ食っちゃうんじゃないかってぐらいの破壊力だったりと。

あと乳隠しに紅葉は斬新だが効果的、無理矢理な光渡しは廃止してこれからは紅葉の時代にしようじゃないか。



問題児たちが異世


こんな可愛いのが敵な訳が無い…と信じたい
鼠女?はこの精霊について「ラッテンフェンガーを騙る不埒者」と言っていたので大丈夫だろう、多分。


シーザーの暗い過去、今のシーザーの激闘、そしてシーザーが残した者の話。
ジョジョの奇妙な冒険第二部でも最高と呼ばれるシーンのアニメ化ゆえに
視聴者側も、期待と不安の両方が大きかったと思います。

まずはシーザーの壮絶な過去話
シーザーの親父の「家具職人」がどう頑張っても「カブ職人」にしか聞こえなかったので
多分俺の耳はなんらかの病気に罹っている、もしくはミストさんの呪いかも
あと親父さんのダッシュが全力すぎ、流石は一流のイタリア男。

次はシーザーとワムウの館の外での第一戦
水蒸気を利用した光の屈折現象を利用している時のワムウの表現
やたらと力の入ったシャボンカッター・グライディング、そしてワムウの戦闘の天才ぶりと
描写は良く出来てた様に思えます、特に最後の戦闘の天才はお見事でした。
あれ?メッシーナ師範代だ、何しに来たの?

続いてはシーザとワムウ、館の中での第二戦
原作とは違い、シーザーとワムウの戦いを挿入して置く事で
「館の中にシャボンカッターが滞空していたぜ」というシーンにスムーズに繋がるようになり
そこからガオガイガーのEI-01よろしくの偏向レーザー(太陽光線)攻撃、そして再びの戦闘の天才と、決着。

挿入された戦闘シーンで「シャボンと竜巻が同格ってどうなん?」とも言われたそうですが
シーザーも予想以上に成長してたし、完全に同格という扱いでは無かったのでいいんじゃないかと。

最後にシーザーが残したもの
シーザーの咆哮、ワムウの独白、ジョジョとリサリサの動揺、そして慟哭
ジョジョの「リサリサ先生、タバコ逆さだぜ」への繋ぎがちょっと弱かったのが残念だったけど
この重要なシーンで描かなければいけないものは全てきちんと描かれていました
最後の太陽の光が十字になるアニメ・オリジナルの描き方も良かったですね。

要所要所で「ちょっとタメが欲しい」というシーンもありそうですが
そこら辺はやはり制限時間があり、動きが受け取り手ではなく提供側にあるアニメの宿命と言うか
「あの戦闘シーンを削れば」となっても、そうすると今度はシャボンの滞空の方に皺寄せが来てしまうし
やはり、原作での名シーンを、誰にも不満が無いように再現するという事は難しいですねと

メッシーナ「そうだな、尺が足りないから俺の安否確認のシーンもカットされたんだぜ、いらない子だからじゃないぞ」


ジョジョの奇妙な冒険 第20話


本日のことわざ:一度ある事は二度ある
意味:あることが一度起きると、後でまた同じようなことが起きるものであるということ。

深夜にも関わらず出撃を余儀なくされる生活の所為で
成績が急低下したあかねの為に、皆で勉強会を開いたり
学校に行きたくなくなったれいがカラスに「ちゃんと学校行けや」と説教されたり
街が電磁ヨーヨーに襲われたりする話でした

冒頭で描写も無しにアローンが倒された挙句、れいが「あと6本…」とか言うぐらいのハイペースっぷりだったので
もしかしたら今回戦闘無しか?と思ったが電磁ヨーヨーが頑張ってくれて良かった
おかげで今回は格好いいネイキッドブレードを見る事が出来ました、合掌(まだ死んでないっぽいが)

学生戦闘物にありがちな学力低下&勉強会の話でしたが
そもそもそれに早朝のバイトが関わってるなら、バイト禁止とか言う前にまず国が給料払えよとw
空飛んでブーメランで切ったり投げたりの白兵戦、しかも場合によっては一日に二度の出撃とか軍人通り越してる
聖戦士ダンバインの後期の戦闘並みのハードスケジュールじゃないか…

勉強会にはいつもの4人と、4人に矢継ぎ早に誘われた後
「一色家ってエンジン作った科学者の家だし…弱点とか判るんじゃないかと…」となったれいが参加
冷蔵庫の中の死体(違)を見た所に花京院ばりの当身を食らって気絶させられたり
4人との会話の中でつい笑顔を出してしまい「なんで一緒になって笑ってるのよ…」と自己嫌悪したりします
ここら辺は、中盤の悪役ヒロインお馴染みのバランス加減ですね。

そして勉強会が終わるとヨーヨーが街にやってきた
事前にはなんか怖そうな事を言われるが、いざ事を構えてみると予想よりも弱くフルボッコ状態
現場に到着したれいがいつもの矢を発射するものの、それがアローンに着弾する前に
ひまわり合体で登場したビビッドイエローが極太ビームで焼き払い哀れヨーヨーは街の上空で爆散してしまいます。

しかし、矢が刺さる前に撃破されたと思ったヨーヨーは、実は体の一部に矢が突き刺さった状態で爆散しており
周囲のものを取り込んで再生、そして戦闘後の隙をついた攻撃であかねに大ダメージを与え
ビビッドシステムが損傷し行動不能になったあかねは、街に墜落するのでした…という所で次回に続く。

前回があまりに凄い事になってた所為で、なんか普通に話が前進しただけで安心してしまうという不思議な感覚
あと、ヨーヨーが画面に出る度にあの偽ヨーヨー名人のニュースが思い浮かんでなんか落ち着きませんでした。



ビビッドレッド・オペレーション 第07話



早く帰ってこないかなあ、皆…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。